徳田秋声の作品及び人物評伝集

ゲーム「文豪とアルケミスト」で初めて徳田秋声について知った方も多いのでは無いでしょうか?私は、泉鏡花が好きな関係で紅葉門下であることだけは、知ってはいましたが作品までは読むには至っていませんでした。彼は、同じ文壇においては特にノーベル賞受賞作家である川端康成からの評価が高かったことで有名です。他には、広津柳浪の息子である広津和郎からも絶賛を受けていました。ここでは、文壇の人達の徳田秋声の作品評価などを紹介しています。

以下、『』内の文章は併記してある作品からの引用となります。
また、現代語に翻訳するに当たって旧漢字は新漢字へ。現在の一般的な知識では読めない文字などは平仮名あるいは、読み仮名を表記しておりますこと、予めご了承下さい。

『徳田秋声は硯友社出身であった。例の横寺町の紅葉山人の家塾ー庭からすぐ行けるようになっている二階建ての家塾の中で、風葉、春葉、白峰などと一緒に暮らした文学青年のひとりであった。何でもかれは金沢から桐生悠々などと一緒に出て来て、その藻社の群の中に入れて貰った。それにも拘わらず、硯友社の江戸趣味ー都会趣味は、その感化を十分にかれに与えることが出来なかった。それにかれは藻社の連中に比して、学問があった。英語にも通じていた。その当時口に上がった外国の作家の作品を読むことも出来た。かれも矢張私達と同じように「しがらみ草子」の綺譚を読んだり、「文学界」を読んだりしたひとりだ。私の記憶では、「文藝倶楽部」に「藪柑子(やぶかうじ)」という小説を掲げて、ちょっと評判が好かったのが、一番最初であったように思われる。今でもそのように、その作には何処かしっかりしたところと暗いジミなところとがあったように覚えている。』
(田山花袋 「現代日本文学全集22 徳田秋声集一」より)

『「あらくれ」は何処をつかまえても、嘘らしくない』
(夏目漱石 「縮図」ほるぷ出版より)

『現代日本の文学者のうち、作家として、私の最も敬う人はと問われたならば、秋声と答えるだろう。現代で小説の名人はと問われたならば、これこそ躊躇なく、私は秋声と答える。ーこの答えは、昭和八九年の頃からいつも変わりなく、私のうちにあったものである。』
(川端康成 昭和14年 徳田秋声の「仮装人物」の評伝においての文章より)

『同じ名匠にしても、島崎藤村氏や泉鏡花氏のあの意識的な、考え方によっては浅間(あさま)しい精進とちがって、強いられるところがなにもなく、徳田氏の作品にゆえ知らず頭の下がる……。』
(川端康成 「三月文壇の一印象」より)

『私は自分で想像した通り「縮図」の読後に批評をかく気持ちが起こらなかった。完璧の古典、作者の我があらはでない名作に出合った時の心である。……(この小説は)人生あるいは人間そのものが直接に芸術そのものであり、同時に作者そのものであり、この三つがそのものとして一つの名品を生かし合っているという、希有の例である。……秋声氏の表現はこの最後の作品に来て真の高雅に達した。……「縮図」が近代日本の最高の小説であることは疑いないが、日本の「最高のもの」に通じた作家も秋声氏のほかにはないようである。』
(川端康成 「現代日本文学全集22 徳田秋声集一」より)

ここまで読んで、川端康成の徳田秋声の「縮図」に対する高い評価が気になったかと思います。簡単に説明しますと、「縮図」が新聞小説として連載された時代は折しも第二次世界大戦下の日本で、この小説もやはり当局によって中断され、書きかけだった原稿と共に出版されたのは徳田秋声の死から二年後のことでした。
秋声はこの時、息子の徳田一穂宛てにこう書き残しています。

『どうも一緒に行ってやらなければならないので、一と足ちがいとも思うが出かけます。しかし今「都」(東京新聞の当時の名前)の堀内君に電話しましたが、少しくらい妥協してみたところでダメのようです。妥協すれば作品は腑ぬけになる。おろそかに立場を崩す訳にも行かないから、この際潔く筆を絶とうと思い、その旨堀内君に通告しておいたから、そのつもりでいてもらいたい。いずれ後でゆっくり話も聞きましょう。秋声』
(「現代日本文学全集22 徳田秋声集一」より)

この時、徳田秋声が作品が腑ぬけになるから、潔く筆を折ったことを踏まえ。この作品が戦時下で書かれたことを鑑みた上での徳田秋声の文学者としての深い態度に、川端康成は強い感銘を受けたようです。
また、川端康成は徳田秋声の郷里金沢に秋声の碑が建った時「日本の小説は源氏にはじまって西鶴に飛び、西鶴から秋声に飛ぶ」と語ったそうです。

当の秋声自身は、野口冨士男が書き残したところによると「小説はむずかしいものだね」が病床における最後の言葉でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です