川端康成が語る徳田秋声1

川端康成は実は中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」に解説もどきを掲載しています。なぜ、解説もどきなのかは下記の内容を読んでいただくとして。私は、個人的にこの川端康成の解説もどきが徳田秋声に対して愛情深く滋味に溢れているため、非常に好きです。以下、『』内の文章は左記の本からの引用し内容について紹介しております。

スポンサードリンク

『私は秋声解説の苦渋の折りから、秋声の故郷、金沢の地を一日でも踏めば、なにか啓示があろうかと思った。』

こういった文が、解説の最初の章から飛び出したので、読み始めたときはちょっと色々な意味で心配になりながら、読み進めました。
最初の方は、川端の金沢における体験が主になっています。

『金沢で、島田清治郎の「地上」を映画撮影したことのある吉村公三郎と電車に乗り合わせて、金沢へ行って来た話をすると、吉村は言った。金沢よりも京都の方が好きです、金沢は武家の町です、京都は町人の町です。』

川端康成も吉村氏の的確な金沢の土地柄の説明に関心されたのでしょう。私も、読んでいて確かにと、納得しました。

『いや、晩年、私が接した秋声には、古武士の面影もあった。端座する島崎藤村、そして端座する秋声の前に出て、私は秋声により多く「武家」を感じた。明治の初めからの人のせいか、加賀百万石、金沢の武家育ちのせいか。』

現代では、遠くなってしまった士族の雰囲気がどのようなものであったのか?今となっては想像するしかありませんが、川端が肌で感じるほど秋声からは「武人」ではなく「武家」育ちである気配を感じさせたのは、やはり母方の家を継ぎたかったことも踏まえてあるのかもしれませんね。(秋声の母は、秀吉のお墨付きで大阪から客分として来た津田家。)

『秋声は二年下の鏡花が十七歳の上京よりも二年おくれ、明治二十五年、二十一歳の春、中学の同級以来の朋友、桐生悠々と上京、二人で紅葉を訪ねると、その前年に入門をゆるされた鏡花が玄関番をしていた。
 「泉は袖口に綻びの切れた、町っ児らしい柄合いの着物を着ていたが、ニコニコしながら、『先生は今ちょっとお出かけですが……。』と挨拶した。
 『何時ごろおいでですか。』
  先きに立っていた秋声がきいた。
 『さあ、ちょいちょい気紛れにお出かけになりますから。』
  二人はしかたなく原稿を懐ろにしたまま、出て来た。居留守のような気配にも思えたが、真実(ほんとう)のようにも思えた。」
  翌日、原稿を送ったが、「折りかえし突き返して来た」、紅葉の手紙に、「『柿も青いうちは鴉も突つき申さず候』という文句もあった。
  そんな文句も秋声には強く当たったものらしく、その手紙を二つに裂いてしまった。」と、「光を追うて」(昭和十三年、秋声六十七歳の自伝)にある。』

スポンサードリンク

本来であれば、上記の文章中、秋声と記してあるところは「光を追うて」における主人公の等(ひとし)の名前が入りますが、ややこしくなるため秋声としてあります。「光を追うて」は、秋声の自伝小説でありこの小説の主人公の名前は向山等(むかいやまひとし)といいます。名前の由来は、金沢市にある卯辰山からで現在この山には秋声の文学碑が建っています。ちなみに文学碑としては、徳田秋声のこの碑が記念すべき第一号の文学碑だったりします。

『私はこの「解説」を書くために、まず「あらくれ」から読みはじめたところが、すらすらとは進まないし、注意を集めて向っていないとのみこみにくいしで、思いのほか時日をついやした。私の耄碌のためではあるまい。作品の密度のためであろう。秋声は「作品の密度」と、よく言った。「あらくれ」が速く軽くは読めないように、秋声は楽に読めない作家であるらしい。作家の感興に読者を乗せることも抑制されている。秋声の作品が広い一般読者を持ちにくいわけの一半も、私は「あらくれ」を読みながら納得できたようであった。だいたい、私は自分が作品の解説を書けるとは思っていないし、ここでも秋声作品の解説を書こうとは考えていないのだが、解説に代えて、読者にただ一つ望みたいことは、秋声の作品をゆっくりゆっくり読んでみてほしいということである。秋声の場合、これが凡百の解説にまさる忠言と信じる。』

秋声と同じ早さでゆっくり歩くように読み進めることを勧められる川端康成が、うっかり可愛いと思いました。

『私は「あらくれ」のところどころの三、四行や一頁をくりかえし読んで、いろいろの発見があった。秋声のすぐれた自然描写、季節描写なども、その一つである。広津和郎の「徳田秋声論」に、「縮図」の文章を批評して、「一体が簡潔な秋声の文章もここに至って極度に簡潔になり、短い言葉の間に複雑な味を凝縮させながら、表現の裏側から作者の心の含蓄をにじませている技巧の完成は、彼が五十年の修練の末にたどりついたものであることを思わせる。」とあるが、「縮図」(昭和六十年)より三十年ほど前の「足迹」、「黴」、「燗」などにさかのぼっても、そのような秋声の文章はすでに見える。』

川端康成が語る徳田秋声2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です