川端康成が語る徳田秋声2

川端康成が語る徳田秋声1の続きになります。川端康成は中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」に解説もどきを掲載しています。なぜ、解説もどきなのかは下記の内容を読んでいただくとして。私は、個人的にこの川端康成の解説もどきが徳田秋声に対して愛情深く滋味に溢れているため、非常に好きです。以下、『』内の文章は左記の本からの引用し内容について紹介しております。

スポンサードリンク

『私は「縮図」についての感想で、「秋声氏の表現はこの最後の作品に来て真の高雅に達した。」とし、「『縮図』が近代日本の最高の小説であることは疑いないが、日本の『最高のもの』に通じた作家も秋声氏のほかにはないようである。」と書いたことがあった。「日本の『最高のもの』に通じた作家」の一人としての秋声を、私は尊ぶのである。』

なんだか、実に川端康成らしい感性によって紐解かれた秋声に思わず、川端がノーベル文学賞を受賞した理由である「日本人の心の精髄を、すぐれた感受性をもって表現、世界の人々に深い感銘を与えたため ”for his narrative mastery, which with great sensibility expresses the essence of the Japanese mind.”」を思い出しますね。

『野口の「徳田秋声伝」によって、私は昭和二十二年の秋、徳田秋声文学碑の除幕式に、金沢へ招かれて行ったのを思い出した。式の前夜の記念講演会で、「日本の小説は源氏にはじまって西鶴に飛び、西鶴から秋声に飛ぶ。」と私が述べたことも、建碑次第の「おぼえ書」に出ていると、野口の伝記で知った。』

まさか、ここで川端が秋声に捧げた名文が登場するとは思いませんでした。この文章は、以下に続きます。

『私のこの言葉にはいわれがある。小島政二郎が慶応大学の教師をしていたころ、菊池寛が小島に、君の大学へ博士論文を提出しようかと思う、題目は日本小説史論だが、僕の史論は、源氏物語から西鶴に飛ぶ、それでもいいかと言った。小島が沢木文学部長に伝えると、沢木はそれでもいいと答えたとか。この話を私は小島から聞いた。菊池は博士論文を書きはしなかったが、私は菊池の「源氏から西鶴に飛ぶ。」に、強い衝撃を受けた。』

実は、元ネタは菊池寛であることをきちんと表明される川端康成に人間としての清冽さを感じました。秋声への賛辞は、菊池寛の言葉から出て川端康成が仕上げた名句だったのですね。

スポンサードリンク

『日本の小説は西鶴から鴎外、漱石に飛んだとするよりも、西鶴から秋声に飛んだとする方が、私はいいように思う見方である。』

『「自然主義が日本風の自然主義になったのは、日本の文学にとって、喜ぶべきことである。そうして、その日本風の自然主義が勃興した時、多くの作家や評論家が、あるがままの人生を書くとか、無技巧の技巧とか、いろいろな理屈を述べたり言い合ったりしたが、そういう時でも、秋声は、何にも言わなかった。しかし、何にも言わなかった秋声が、何にも言わずに、そのころも、そのころから四十年ほど後の今も、書きつづけている、小説が、もっとも、日本風の自然主義の作品であり、日本的な作品である。と、宇野は広津と通じる秋声観を、広津より控え目な言葉で、桜井版「挿話」の「解説」に書いている。」』

宇野は、宇野浩二のことで、秋声と同じく小説家で代表作に「蔵の中」、「思ひ川」などがあります。芥川龍之介など文豪達と交流が多かった人で、当時の文壇を語る中で折りに触れて顔を覗かせる作家でもあります。
これ以降、秋声の晩年であった第二次世界大戦下の日本をどのように秋声が捉えていたかが続きます。

『ことに桜井版の「作者の言葉」と河出版の「あとがき」とは、太平洋戦争さなかの昭和十七年に書かれ、あのような戦時下、作家秋声の精神が、今の私にもひびいて来る。』
『「今は大東亜戦のうたた闌(たけなわ)な時代」、「シンガポールやバタンの陥落も目睫(もくしょう)」、「蘭印、ビルマを制圧して、濠州を睥睨(へいげい)」の時、「我らの認識に飛躍的のもののあるのは当然だが、この戦争が長びくことも明らかであり、文化戦の継いで来ることも確かである。」とは書きながら、秋声は、「すべてのものに段階があり、足は一歩一歩手堅く踏まれなければならないが、何よりも閑却すべからざるものは人である。我らはまず人として生きなければならないであろう。」(昭和十七年二月、「挿話」の「作者の言葉」)「人」が最も「閑却」され、「人として生きる」ことが最もおさえられた、そのなかでの発言である。』

当時、冷静に秋声が時局を見ていた文章がこれに続き、最後はこうまとめられています。

『(以上、秋声についての私の感懐の一端を、気ままに書いただけで、作品の解説にはおよべなかった。この全集の「徳田秋声(二)」の江藤淳の解説を参照してほしい。)』

川端康成が語る徳田秋声1へもどる

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です