正宗白鳥による谷崎潤一郞と佐藤春夫人物評伝1

中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「谷崎潤一郞と佐藤春夫」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。また、正宗白鳥のこの本における章タイトルは間違いなく「谷崎潤一郎と佐藤春夫」なのですが蓋を開けてみたら、「佐藤春夫と谷崎潤一郎」の順番で綴られているため。まずは、佐藤春夫パートを途中までお楽しみ下さい。

 いい意味か悪い意味かで多少文壇の批評に上がっているらしいのに読書欲を刺激されて、私は、「武蔵野少女」という新刊の長編小説を通読した。佐藤春夫の最近の創作である。
 これは時事新報に連載されたものだが、新聞社を喜ばせた小説ではあるまい。一回毎に多数の読者の興味を惹く性質のものではない。藤村花袋秋声漱石などの長篇は多く新聞に発表され、文学史上に残るようなそれ等の傑作が新聞紙を発表機関とすることも、さして不似合いには思われなかったが、それは一昔も二昔も前の事で、今日の新聞はそれ等の長篇物を甘んじて連載する舞台ではなくなっている。新聞小説という別種の文学が要求されているので、その方で巾を利かせようと思えば、それに適応する態度を取らなければならぬので、いたずらに俗悪呼ばわりして新聞社の小説選択態度を非難するのは、迂愚な沙汰である。新聞社や劇場が、読者受けのしないものや見物受けのしないものを、たといそれが芸術的逸品であったにしても、採用しないのは当然過ぎるほど当然なことで、物質上の損失の大嫌いな我々人間が、大切なお得意である読者の見物のご機嫌にかなわないものを取り上げる訳はないのだ。
 それで、新聞という舞台が作家の金と名を得るための最大重要な場所であると極まると、それに反抗するものがあろうとなかろうと、それに適応するような作風が流行するのは、大きく云えば宇宙自然の理法なので、水の低きにつくが如くである。適応しない作家は落伍する外はないので、自然淘汰の天則はここにも行われるにちがいない。私は、菊池寬君や山本有三君の新聞小説は、出来不出来はとに角、その舞台に適応するように企てられていると思う。はじめから通俗作家を志して文壇に出たとは思わない二氏も、素質がそれに適していたのか、時世を見る明があったのか、新聞小説読者の好みに投ずる用意は有っている。
「武蔵野少女」には、その用意が乏しい。佐藤君も、新聞小説をかなり沢山書いているらしいから、中には新聞小説作法にかなった傑作があるのかも知れないが、少なくもこの小説は新聞向きでないと思われる。…しかし、私は、新聞社の文芸面担任者ではないし、新聞社の株主ではなしこういう小説のために読者が増えようと減ろうと、自分に取って何の損得もないので、純粋の文学愛好者としての小説を読み、何の拘束のない自由批評家として、批評を試みようとするのである。一巻に纏まったものを一日がかりで読み切ったのだから、一回一回の小細工をした興味に釣られもしなかった。読んでいるうち、おりおり退屈した。物足らぬ思いをした。だが、作家が人間を描こうとする真面目な態度を持し、面白づくで空々しい筋立をつくろうとしているところのないのが、私には気持ちがいいので、兎に角結末まで見ることにした。この頃幾つかの長篇小説に対して、読みかけて中途で巻を投じたような侮蔑をこの小説には加えなかった。読後、少なくもこの作品を対象として、わが文学を論じ人生を語ってもいいように思ったのである。
 私は短編ばかり書いているのでよく分からないが、長篇小説を筆にたるみなく書き上げるのは容易な仕事ではないであろう。「武蔵野少女」は、以前の佐藤君の特色であった主観的な抒情味の豊かなものではない。広い世界を素材として、いろいろな人間を描写し、いろいろな人情を叙したもので、
「田園の憂鬱」の作者の小説道も進歩発展し、大いに老熟したように思われたが、それとともに全体から受ける印象が稀薄なようにも思われた。私はちょっと歯痒いような感じもした。可憐な少女が物質には恵まれなくても、温かい愛情に包まれて、成育して、悲劇を身に背負わないで結婚生活に入るのは、読者も安心して一巻を読み終われる所以で、筆づかいの刺々しくないのが、その作者の特色なのであろうが、しかし、人間の扱い方が常識的なところに停滞していると思われないではなかった。この小説を読んで私が思い出したのは、この作者の出世作である「田園の憂鬱」と「都会の憂鬱」とであった。「武蔵野少女」の育ての親の家庭である東京近郊の生活者伏見一家の人生は田園の憂鬱の再現であり、生みの親である貧しき東京生活藤木一家の人生は都会の憂鬱の再現であると云えないことはない。新作長篇の材料は友人から提供され、友人の体験も取り入れられていると、作者自身も云っているが、しかし、この作品に芸術的生命の与えられたのは、作者が十数年前に心にはぐくんだ田園都会の両憂鬱の力であると私は感じた。爾来十数年の人生経験が作者佐藤春夫の小説を成育させ、いろいろな美しい花を咲かせ実を結ばせたのに違いないがかの初期二篇に於いて作者の芸術の基調は極まっているのである。そう思って私は、かつて速読したことのあった、かの二篇を新たに読み返したが、二つとも面白かった。この頃雑誌でおりおり見る佐藤君の作品よりも面白かった。ヘルンが日本の学生に教えている如く、二度三度繰り返して読んでも価値の薄れない作品が、本当の傑れた芸術であると云っていいので、かの二篇は数多き大正期の小説中で注目に値するものなのだ。私は元来佐藤君などとは、文学芸術に対し嗜好を異にしているらしく、その作品も、平生あまり読んではいないのだが、今度かの旧作二編を清新な芸術に接した気持ちで通読した。「田園の憂鬱」は、私も田舎生活をしているので、自分が日常見聞していること感じていることが、この作者によってよく書かれているのに興味を覚えた。明治時代にも、こういう田園生活を書いた小説はあったが、多くは粗末で、かつ型に捉われていて生気がなかった。独歩にも、武蔵野生活を題材とした短篇は幾つかあるが、自然の描写は清新であっても、人間の現実は書けていないで、今読むと稚拙の感じがする。今ヘルンの名を出したので思い出したが、ヘルンの日本田園賛美の感想は要するに異人の夢であって、真相を穿ってはいない。そこに彼がロマンチストであり夢幻趣味の芸術家であった面白さがあり、明治以来のロマンチシズムの作品は、日本の作家のうちから傑れたものを求むること難くして、ヘルンの如き外国人の作品か、あるいは森鷗外などの創作的翻訳にこれを求めなければならぬことになるのだ。それにつけても、ヘルンの西洋文学評論に心酔することも警戒しなければならなかったのだ。ヘルンは自己の趣味に惑溺する人であった。
「田園の憂鬱」には、断片的ではあるが、憂鬱な青年の目に映った田舎の光景が印象深く描かれている。田舎の老若男女の面目が一瞥的(いちべつてき)にでもヴィヴィッドに現れている。それに比べると、「武蔵野少女」は細叙されているに関わらず、それから与えられる印象が稀薄だ。伏見の爺さんはまだいい。婆さんや少年の豊作は甚だ平凡だ。こういう人間の性格描写になると、時代おくれと云われても、自然主義時代の秋声泡鳴藤村等の諸氏の作品の方に断乎として傑れたところがあると、私は考えた。爺さんは人がよくって、婆さんは里子のお徳を可愛がりながらも打算的なところがあると、媼(おうな)翁両者の性格別をするのも、「舌切雀」以来の旧套(きゅうとう)である。無論作者が爺さんをそういう人物として描き、婆さんをそういう人物として描くのも結構だが、それなら、もっと心理と行動に突っ込んだところがなければならぬ。婆さんにおりおり邪推を廻させたり欲の深そうなことを云わせるのも、取ってつけたようである。それに比べると、「都会の憂鬱」のなかの、妻君の母親間の方は何でもないような対話の間に、その心理状態が躍如としている。

細叙(さいじょ)…詳細に書き記してあること

正宗白鳥による谷崎潤一郞と佐藤春夫人物評伝2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です