正宗白鳥の菊池寛論1

中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「菊池寛論」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。

 菊池寬君を論ずるのは現代を論ずることである。この雑多紛々(ざったふんぷん)の現代において、ある一人をもって現代の標本とすることは困難であって、範囲を文壇に限っても、現代を背負った標本的人物はそこらに散在しているようであって、特に一人を選び出すことは困難である。
 しかし、今日の私は、多く躊躇するところなく、菊池君をもって好箇(こうこ)の現代の代表者としようと思っている。私は彼においてよく現代の影を見ている。現ダイアh絶えず動揺している。明日はどういう風が吹くか知れない。従って、私の菊池君に対する評価は、明日の日どう変わるかも知れないが、今日の彼は、よく日本の現代を反映している。どちらかといえばいい意味で日本の現代を代表しているといっていい。よくも悪くも現代に無関心で生存していられない私は、菊池君についても無関心でいられない訳である。
 最近の文壇人のうちでは、故芥川と、久米菊池の両氏とに、私は、いろいろな意味で興味を寄せていた。私は、年齢の差違のためか、この三氏に対して、羨望嫉妬憎悪あるいは偏愛、仲間贔屓などの私情をまじえずして、その述作(じゅっさく)を味わい、その行動を注視していられるのである。
 他の二氏のことはしばらく置く。菊池君は素直に現実を受け入れる人である。現実に対して相応に敏感な人である。外形も清新も今の日本に生きているといった感じが生々としている人である。彼の述作は、そういう感じの率直な表白である。日常の行動も多分そうであろうと思われるが、社会民衆党(今度の選挙に際して、そんな名前の党派のあることを私ははじめて知ったのであるが)の一員として、第一回の普選の代議士候補に立ったことも、氏の行動として、ふさわしく私に思われる。氏が落選したことによって、「現代の日本の代表者」たるに値していると見なすのと同様に、無論皮相な考えである。菊池君は、民政党にでも加入して選挙に立っていたなら、当選の栄誉を得たであろうし、彼自身の志している出版法の改正や著作者擁護の法案成立のためにも、都合がよかったであろうのに、氏は易きを去って難きについた。しかし、そこに、現代的良心の保持者たる氏の面目が見られるのである。
 
 安部磯雄先生が社会民衆党の巨頭であることも、私は今度はじめて知った。安部先生と私とは、この世において多少の因縁がつながっていないことはない。私は、年少の頃(明治二十七八年の頃)備前岡山の郊外にあった薇陽学院(びようがくいん)という宣教師経営の私塾に半年ばかり通学して、傍ら県立の病院へ通っていた。(当時の印象は、「地獄」という短篇に書いたことがある)その学校の校長は、安部先生であったが、神学研究の目的で米国に留学されていた。私の入学後何ヶ月かして帰朝されたので、私達は多くの期待をもって先生を、岡山の停留場に迎えた。私は、学校では先生の教授を受けなかったが、市内の教会堂においておりおり先生の説教や講演を聴いた。社会主義らしい意見を、私はその時はじめて耳に入れた筈であったが、特別に記憶に留まるほどの感激は受けなかった。
 まもなく私は、年少の憂鬱に因じて退学したが、一二年後にその学校も閉鎖されることになったのであった。校長たる安部先生が、在米中新神学にかぶれて、キリスト教の正統的信仰を失ったために、宣教師と意見が合わなくなったのが、学校閉鎖の一つの原因であると云われていた。
 私が上京して早稲田の学堂に通学していた間に、安部先生も上京された。一円の同志とユニテリアンの教旨を宣伝されだしたが、当時の私は、宗教が塩気を失ってしまったような神秘性を欠いた淡々水の如き常識的なユニテリアンを蔑視していた。(今思うに、無産党中の社会民衆党は、宗教のうちのユニテリアンのようなものではあるまいか。)
 先生は、私の在学中早稲田に教鞭を執られるようになって、私達のクラスでも英語の一課目を受け持たれたのであったが、まだ先生の人格や学識を知らなかった学生は、どういうわけだったか、先生を毛嫌いして、最初の授業時間に、私など数名のほかはその教室に入らなかった。学生に嫌われたことを知った先生は、すぐに教室を出て、それっきり受け持ち教師は変更された。それで、後年安部先生が早稲田の学生間に旺盛なる人望を得られたことを知って、私は意外に感じた。

 爾来数十年、私は軽井沢避暑中に、彼方此方の途上で、幾度か行き会ってお辞儀をするほか、先生に面接したことはなかった。先生がいかなる社会主義行動をしていられたか、そういうことに興味のなかった私は殆ど知らなかった。ただ羽仁吉一氏をおりおり訪問した時世間ばなしのうちに、安部先生の家庭についても、多少耳にしたことがあった。羽仁氏の令嬢が、安部さんの子女××さんは、神様は信じないけれど、お父さんを信じると云っていたと話したのが、私には奇異に感じられるとともに、先生の家庭ではそうだろうと思われた。先生はかつて、ある雑誌に、「私は妻君を尊敬する」と云っていられた。夫が妻を尊敬し、子が父を神の如く信じることは、私が日常目賭(もくと)している周囲の家庭では多く見られない現象である。

雑多紛々(ざったふんぷん)・・・色々な物が入りまじって乱れているさま。
好箇(こうこ)・・・ほどよい。ちょうどよい。
述作(じゅっさく)・・・書きあらわすこと。また、その作品のこと。
安部磯雄・・・日本の社会主義者であり日本社会主義運動の先駆者。
ユニテリアン主義・・・キリスト教における三位一体(父と子と聖霊)の教理を否定し、神の唯一性を強調する主義の総称。
羽仁吉一(はによしかず)・・・ジャーナリストであり、教育者。妻とともに自由学園を創立した。

正宗白鳥の菊池寛論2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です