寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る1

葉山嘉樹(はやまよしき)は、プロレタリア文学における作家で主に、プロレタリア文学の歴史における初期に活躍した人物です。寺田透は日本の文芸評論家で立原道造と一緒に同人誌をやるなどしていましたが、絶交し戦後は東大教授として活躍するなどしました。
寺田透は、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集67 葉山嘉樹 小林多喜二 中野重治 集」において「葉山嘉樹一面」という解説を寄せていますが、内容的に葉山嘉樹と横光利一との当時の文壇上における比較や対向について言及がなされています。
ここでは、『』内の文章は全て上記の解説から引用し現代語訳をした上でまとめて紹介しております。

『一九四五年の夏以来、葉山嘉樹を思い出す機会が僕には次第に増していた。第一の機会は、言うまでもなく彼の訃が徳永直の追悼の言葉とともに新聞紙上に現れたときだった。満州のどこかに、信州の百姓からなる開拓団に加わって入植していた彼は、戦争終結後、ソビエト群隊の進駐を逃れて、逃走の途中どこかでチフスか何かのために命を落とした。なぜいっそソビエト軍の手につかまらなかったのか、と徳永は残念がっていた。がしかし彼はすぐ思いかえしたように、最後まで百姓たちと香道をとらずにはいられなかったところが、葉山の葉山らしさだと付け加えた。知己の言というべきであろうが、しかし僕には、そういう物言いの深切さが却って、簡単な行為にふくまあれる複雑な意味を取り逃しはしないかと思われて口惜しかったかった。われわれの聞きたいのはもっと意固地な庶民の見解なのだ、と。』

徳永直(とくながすなお)は、熊本県出身のプロレタリア文学の小説家で代表作は「太陽のない街」があります。小林多喜二の死や強まる弾圧の中で、「転向」した作家ではありますが、生涯をかけて労働者の運動を支持する立場を取った人です。

『庶民の心という言葉は簡単だし、又その現れ方も金持ちの心理のような無用に贅沢な複雑さを持ってはいない。だからこそ却って職業的小説家の器用な認識力はそれを見逃すか、平板にしてしまうであろうという危惧が感ぜられるのだ。~中略~こういう感懐と同時に僕は、今日葉山の名をしっている青年が幾たりいるであろうかと、思ったとき、又しても余りに慌ただしすぎた昭和初期の歴史の回転の速度に憤懣を起こさざるを得なかった。何人にも自分の姿を充分に刻むことを許さなかったこの時代に対する憤懣には、彼に対する僕の純粋に個人的な愛着が動機をなしているのは無論である。~中略~反逆的なマドロスとして、乱暴だが、正義感に充ちたユーモラスな言葉を撒き散らす彼の存在は、僕のうちに横たわる幼い抒情精神にとって一つの手本であった。~中略~彼を一個の典型とせねばならぬのは、僕ひとりでなく、僕をも含む一つの世代ではなかったかと思う。言葉づかいの乱暴さに真意が含まれているように思う習わしも僕らの世代の特徴ではなかったろうか。』

寺田透は、大正4年(1915年)に生まれ、葉山嘉樹は大正15年(1926年)に処女作「淫売婦」と「セメント樽の中の手紙」を発表し、認められます。同年の11月に代表作である「海に生くる人々」を刊行し寺田透は、この時11歳でした。大正は15年で終わり、この次の年から昭和が始まります。小林多喜二が亡くなった昭和8年には寺田透は18歳。(大正15年の後は、昭和2年からになります。大正15年は昭和元年とされるためです。そのため1926年は大正15年で1927年は昭和2年となります。)実に多感な時期を戦争の香りの中で生活することを余儀なくされたことに対する深い憤りを感じます。
また、小林多喜二が亡くなった昭和8年には一応満州事変は終息し、昭和12年から日中戦争が始まるまでの間にあったごく短い平和を甘受したのちに、昭和16年から太平洋戦争が始まり昭和20年(1945年)に終戦を迎えます。寺田は終戦時、30歳で文字通り戦争に明け暮れた日々を送った世代なのです。

『今の僕には、複雑な心の綾に酔うよりも、確かな手触りのある魂を自分のそばに引き寄せたいという気持ちの方が強く動くということを無視してはいられない。葉山はそういう数少ない魂の存在を感じさせる作家の一人であった。』

物の無い時代に、葉山の書く魂を自分の拠り所にして生き抜いてきたことを感じさせる文章で、今読んでも胸を深く打つものがありますね。

『必要あって一九二五年前後の月評類を読みかえしているうちに、僕はその頃の文壇に葉山嘉樹の存在が相当に色濃く描き出されているということを思いがけず認め得たのである。横光利一にとってすら、コミュニズム文学のうちでひとり尊敬すべき作家であった。』

コミュニズムとは、共産主義のことであり当時のコミュニズム文学について、横光利一はコンミニズム文学として文章を残すなどしています。また、この文章が書かれた昭和24-29年ではコムミュニズム文学の名称で記載されていましたが、コミュニズム文学として名前を統一しております。

寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です