川端康成が横光利一を語る1

昭和41年(1966年)に出版された横光利一の本には、川端康成の解説が掲載されています。
以下、『』内の文文章は中央公論社が出版した「日本の文学 横光利一」より川端康成が書いた「解説」から引用したものとなります。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。

川端康成のこの解説は、それぞれ『横光利一との出会い』『「悲しみの代価」とその周辺』『「文芸時代」のころ』『新感覚派の担い手として』『「上海」「機械」』『大作「寝園」』『肉体の中に現われていた時代』『遺稿「微笑」』と項目が分けられており、最後に川端自身が横光に贈った弔辞が全文掲載されています。

まずは『横光利一との出会い』『「悲しみの代価」とその周辺』についてご紹介しましょう。

横光利一との出会い 横光氏に初めて会ったのは小石川中富坂の菊池寛氏の家であった。その日夕方、三人で家を出て本郷弓町の江知勝(えちかつ)で牛鍋の御馳走になったことを覚えている。~中略~横光氏の話しぶりには、激しく強い、純潔な凄気があった。横光氏が先に帰ると、あれはえらい男だから友達になれと、菊池氏が言った。大正十年、横光氏数え年二十四歳、私二十三歳のことである。』

これは、大正10年(1921年)の出来事で、この時は横光氏は箸をほとんど持たず、鍋に手をつけなかったそうです。それに加え、横光はショウウィンドーに歩み寄り、ガラスを病院の壁に見立て病人が壁添いに倒れ落ちる身真似をしました。なかなか忘れろと言われても、忘れられない出会いですね。これに加え、締めのように菊池寛に『あれはえらい男だから友達になれ』と言われて、本当に友達になるあたり川端康成もユニークさでは負けてはいないようです。
文豪達のこうした常識に捕らわれない奔放な姿は、今でも新鮮に感じますし文豪達の私生活が当時の新聞や雑誌を賑わせたのも、なんとなく納得がいく気がします。

「悲しみの代価」とその周辺 戦後、昭和二十四年か五年に、私が広島で「悲しみの代価」その他の横光氏の草稿を預かってから、三十年五月、「横光利一読本」(「文芸」臨時増刊)に発表するまで、発表すべきか、すべきでないかについてはずいぶん迷った。』

横光は、昭和20年(1945年)に終戦を迎えた後、昭和22年(1947年)の12月30日に亡くなっています。よって、彼の死後から2~3年後に預かった草稿となります。

『発表を私がためらった理由はいろいろあったが、その第一は、発表はおそらく個人の意志ではないだろうということだった。横光氏自身が死後の発表を思って遺したような秘稿でないのは明らかである。第二に、横光氏の手もとを離れてしまって、縁者によって保存されていた原稿である。保存が横光氏の意志だったかどうかは分らぬ。横光氏の手もとにあれば、後年自ら破棄したかもしれないのだ。~中略~
 第四に、「悲しみの代価」は事実に近い小説、あるいは横光氏の私小説と読まれる危険があるのを私はおそれた。横光氏がなぜこのような小説を書いたか、全編を貫く真率沈痛な調子は異様なばかりである。そこにこの遺作を発表する価値もあったのだが、私の躊躇もあった。横光氏は大正十二年には前夫人小島君子さんと結婚生活にはいっていたが、「悲しみの代価」はおそらく大正十年以前の執筆であろう。この草稿の作風、文体、その書体、漢字の誤り癖、使用していた原稿用紙などから、私はそのように推定したので、まちがってはいない。』

横光は大正8年(1919年)から小島勗(こじまつとむ)の妹キミと交際し始めます。この時、横光は21歳でしたが大正10年、11年頃に彼が書いた手紙には4年前からキミを愛し出したと綴られており、つきあい始めるまでに長い歳月を要したことを窺わせます。
また、この交際は小島の家ぐるみで反対され、結局、横光が28歳の時にキミは亡くなります。大正15年(昭和元年1926年)6月24日に亡くなりましたが、戸籍簿には、婚姻届出が死後の7月8日になっています。
こういった出来事から、川端は「悲しみの代価」は横光の前妻であるキミのことを書いた作品だと、読者が誤読してしまうことを大変危惧しました。
ですが、川端は横光の古い友達である中山義秀と会って、この作品に描かれている内容が一連のプライベートにおける出来事と無縁であることを確認した上で、発表に及びました。
川端がこの作品を発表したいと思ったのは一重に、

『「悲しみの代価」は未熟不備なところも多分に見える草稿であるけれども、これほど横光氏の人間が素直に、そして切々と訴えるように出ている作品は、初期にも後期にもないと私は思うのである。』

横光利一という人間がよく顕われているからこそ、発表したかった川端康成の優しさが感じられる一文ですね。

川端康成が横光利一を語る2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です