トイレの汚れを綺麗にする方法

掃除の方法と言っても沢山ありますよね。その中でも、恥ずかしくて中々聞けないトイレ掃除の悩みについて、クエン酸を使ってする掃除方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

用意する物

■クエン酸
■重曹(掃除用)
■スプレー用ボトル(250ml~500mlくらい入るなるべく大きな物)
■いらない布、掃除用ウエス

どうしてトイレの汚れを綺麗にすることができるの?クエン酸の性質を学ぼう!

お掃除を始める前に、クエン酸の性質について簡単に学びましょう!
クエン酸は、名前から判るとおり酸性の洗浄剤です。

なので、塩素系の製品と混ぜて使ってはいけません!

市販のクエン酸の袋にも、『混ぜるな危険』の文字が記載されています。
さて、酸性のものははカルシウムを溶かしたり、アルカリ性のものを中和する働きをします。

そのため、

■白い水垢汚れを落とすことができる(電気ポットの内側にできる白い汚れなど)

■トイレの消臭(アンモニア臭を中和します)

また、クエン酸は下記のことに向いていません

▽脂やたんぱく質を落とせないので洗濯には×

▽キッチンのゴミなど酸性の香りを消臭できません×

また、同じ酸性の酢酸と違いクエン酸は蒸発時に揮発臭が発生しない。などのメリットがあります♪

スポンサードリンク

クエン酸を使ってトイレ掃除をしてみよう♪

その前に、掃除をする前の注意としてはクエン酸は酸性なので、金属部品にかかると腐食など痛む原因になります。
なるべく便器に対して使い、金属部分にかからないようにしましょう。
もし、かかってしまったら、布でふきとりましょう!

1. 500mlのスプレーボトルに小さじ1杯のクエン酸を入れ、水を注ぎクエン酸を溶かします。

2. トイレの黄ばみや尿石ができている部分にスプレーし、しばらく置いておきます。
  汚れがひどい時は、クエン酸の水を染み込ませた布で30分パックしましょう。
  
3. 重曹を棒ずりなどにつけ、汚れているところを研磨し汚れをとります。
 もし、落ちが悪いようなら再びクエン酸を染み込ませた布で、パックを延長します。

4. 恐らく一度で汚れは落ちきれないので、毎日1~3を一週間から二週間、続けてやりましょう。

綺麗になったら、その後はクエン酸スプレーをトイレに常備し、使う度に最後にスプレーをシュッとしてからトイレを出ましょう。
これで、年末の大掃除の時にトイレと格闘することが無くなりますよ!

さいごに

この方法だと一気に汚れがとれない!と慌てた方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、年月をかけて溜めてきた汚れが1~2週間でとれることは、むしろすごいことだと私は思っています。
毎日、パックは30分くらい、こする時間は5分くらいですみます。焦らず、じっくり磨いて綺麗にしていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です