横光利一の書簡と随筆集1

河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、写真が掲載されている本です。写真では、横光が「宮沢賢治全集」の刊行を手伝った際に撮影された高村光太郎との写真や、芸術家の岡本太郎、関西講演旅行の時に一緒だった吉川英治との写真があり当時の文壇における横光の人脈の広さを感じさせます。また、書簡では菊池寛に芥川龍之介の二周忌に参加するようしきりと言われたと書かれてあるもの堀辰雄宛のもの、随筆では中原中也の葬儀に参加した時のことを書いています。

スポンサードリンク

『藤沢恒夫宛
 昭和四年七月二十四日

 冠省。今日は芥川氏の二週忌で、参らねばならぬ。僕にしきりに出席せよと菊池先生が仰るので、少しブキミだ。どこか弱っているのじゃないかと思ったりする。
 先日、片岡と池谷と三人で、君の所へ行ったら、今、大阪へお立ちになった所だと女中が言った。
 九月号のを、四十枚まで書いて、少しへたばっている形である。暑いね。
 こないだ久野豊彦君が来て、君に藤沢君に叱られたのだけは、叱られたような気がして、うん、もっともだと思った、と感想をのべた。
 君の「写真」は、評判が大へん良いそう。
 嬉しい。岡村が、沢山新聞を見ているので、嘘ではない。「報知」「都」それからどこやら、皆、良いそうなり。喜ばしい。
 例の人は、僕とこから帰った。
 君の正統を造ろうとして、胸が裂けている。襟の合わせ方が、つまり、着物の寸法が足りない。それで広い肩幅が出る。帯の締め方が、正しい感がする。僕はいつも、糞をしているのだ。片岡の捨身は一寸恐い。捨身というのは、忍術だからね。
 池谷のこの頃は、何んか分らん。
 モウパッサンは官能で、最も形の正しさを愛した。狂気までが、正しい。
 僕は一寸やけくそになるほど、忙しい。』

昭和2年(1927年)の2月に横光は菊池寛の媒酌により千代子夫人と結婚。同年7月に芥川龍之介が亡くなっており、この時は個人的にも文壇的にも忙しい年でした。
昭和4年は、2月3月と続けて改造社から本を出版、原稿の発表。6月にも同社の雑誌で作品を発表し、7月には文芸春秋に作品を発表、そして同月に平凡社と改造社からそれぞれ「横光利一集」「横光利一編」を刊行、10月には川端、堀辰雄らと「文学」を創刊するなど文豪として多忙を極めた年でした。
また、この本では宛名が藤沢恒夫となっていましたが、正しくは藤沢桓夫(ふじさわたけお)となります。藤沢桓夫は、新感覚派の小説家としてデビューした後、プロレタリア文学に転向した作家です。

『堀辰雄宛
 昭和六年五月二十八日消印

スポンサードリンク

 冠省。お悪いとのこと、その後いかがです。この頃は誰も身体が悪いと言っています。僕なんか頭と腹を悪くして、雨が晴れぬかなとばかり思っています。五月だと言うのに火鉢に火を入れ、懐手してつづじの雨に濡れたのを眺めながら、西鶴をよんでいたので西鶴ものんきな男だと思い、浮世草紙をひきずり出したり、この頃西鶴西鶴と西鶴ばやりになったのも、小説が行き詰まりになったのかと思い、いつも行き詰まりになって西鶴が出て来るのは、行き詰まりに西鶴がいるからにちがいないと思ったり、行きつまりとは、「ドルヂェル伯の舞踏会」みたいなものだと考えたり、まアそんなことでこの頃を暮らしていますが、雨が降り続くと、ハイカラなことを考えずに、浮世草紙をひっぱり出すのは、雨というものが浮世絵と似ているからだと思います。
 これから文学が行き詰まると、必ず行き詰まりにあった文学がひっぱり出されて問題になって来て、そのためにでも、「行き詰まり」文学は役に立つのでしょう。今は午後の二時で、もう僕の頭はこれから四時間ばかり全然役に立たなく悪くなりますからこのあたりでやめます。私が人に逢うのは、たいてい、この頭の一番悪い時間にばかり逢うので、私を皆の者は非常に阿呆だと思っているにちがいないと思います。ところが、私はもうすこし、頭が回るときには賢い。
 何となくこの手紙が間がぬけているのも、午後の二時だからです。
 僕の本の扉の所の裸体女の絵は僕もあれはいやです。何ぜ入れたか見当がつかない。
 (この所一週間あまりそのまま)
 お身体お大事に願います。三四日、伊豆の下田へいっていました。下田では永井君が一番美人の芸者にひっぱり舞されてしまって「永井はあ無用じゃ」とひやかされ続けました。
 僕は今日はひどく疲れていますのでこれで失礼。』

堀辰雄は昭和4年(1929年)に横光、川端とともに同人雑誌「文学」を刊行しています。この雑誌は残念ながら昭和5年で六号で終刊となりました。この年の10月に堀辰雄はひどい喀血をし、療養生活に入ります。続く昭和6年の4月には信州富士見のサナトリウムに入院することを余儀なくされていましたが、堀は病床でも原稿を書き続け発表しています。堀が27歳、横光32歳の時に交われた書簡です。

『ある夜(覚書)

 横須賀行の品川駅ホームは海近い。このに立っていると線路も無数に見え、その上を東西に次から次へと間断なく辷(すべ)って来る省線の乗り降りする客はたいへんな数である。中原中也君の葬に鎌倉へ行く途中だが、ふと故人の最後の詩をそのとき私は思い出した。ビルディングや駅の口から人の溢れ出て来るところを詠んだもので、
   出てくるわ出てくるわ出てくるわ
  とこのように繰り返してあったものだ。
 この夏故人はどういうつもりかひょっこり私の家へ訪ねてくれたが、初めて来てそれが最後となってしまった。そのときには有名な氏の元気さも鳴りを沈め、澄み透った眼だけがよく光って据わっていた。種々な腹綿を食い破って来た眼である。出てくるわ出てくるわというのも、もう口を拭くのも忘れた動かぬ豹の物憂げな眠さであった。
 ときどきこの豹は意外な所へ踊り出ていて耳を喰い破られた物凄さのまま、また突如としてどこかへ姿を消すのが例であった。
 私は故人とはあまりよく知らず交際も特にしなかったが、故人の噂は絶えず私に群り襲って来てやまなかった。ある冬の夜、偶然に私は氏と初めて逢った。
 「僕はあなたに注告しますが、あなたはもう人と逢わずに街の中へ越して来なさい。そして、電話をひいてときどき話をするようにしませんか。」と中原君は私に言った。これと同じ注告をしてくれた人は他にもあるが、年齢の若い人で作品の注告をせず、初めて逢っていきなり生活の注告をしてくれた人はごく少ない。この詩人はこれはただの詩人ではないとそのとき私は思ったが、この人は噂に違わず生活に概念のなくなってしまった人と見えて、その場で周囲の人も介意ず唄う歌は、どの歌も節回しが同じで御詠歌のようにひどい哀調を帯びていた。私は人と逢うのはこのごろ疲労を感じるときとてよく中原君の注告を思い出す。』

中原中也が亡くなったのは昭和12年(1937年)9月22日のことで、横光37歳、中原30歳の時のことです。

横光利一の書簡と随筆集2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です