伊藤整が横光利一について解説する3

伊藤整が横光利一について解説する2の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。

今回から次回に渡りご紹介する部分において、伊藤整は横光が「機械」を書いていた当時、影響を及ぼしていたものとして以下の三点を挙げています。

『一、谷崎潤一郎が「改造」に連載していた「卍」の大阪弁の独白体。そして谷崎の文体がまたプルーストの影響下にあったことも推定される。
 二、プルーストの小説の淀野等の訳。
 三、ラディゲの「ドルジェル伯の舞踏会」の堀口訳。』

上記の三点については、河出書房新社「文芸読本 横光利一」内において「横光利一 その評価をめぐって」にて、曽根博義がニと三については、完全に伊藤整の勘違い及び認識不足であることを論破しており、一についても無理矢理感があるけれども、論考としては面白いので、もう少し厳密な論証をしてみる必要があるにとどめております。
本解説においては、この三点における伊藤整の考察については、上記の理由から該当箇所を割愛しております。

『人間観の上においては、横光を最も強く支配していたのは愛の問題と性の問題であったと思われる。「御身」は彼の青春時の清潔な倫理観を示した作品ではあるが、その中に、性の問題でなく、叔父と姪の間における愛の問題が純粋に扱われていることは注目に値する。数え年二十四歳で愛の精神をこのように純粋にとらえた作家が、更に性の問題を考えねばならなくなるに及んで、その思想が唯物的な解決と対立することになったのは当然のことであった。「御身」を書く前年の大正九年に書いた短篇「火」は、子供が母親の不貞に気づくことを主題にした作品であるが、その描出の老成ぶりには驚くべきものがある。
 また更に彼は大正十四年に母を失い、大正十五年に妻君君子を失い、死という問題をもその思考の中に組み入れるようになった。妻の死によって死の問題に直面した大正十五年に彼は傑作と言われる「春は馬車に乗って」を書いた。この作品は更にその翌年「花園の思想」において円熟した構成で描き直されたものであるが、前者「春は馬車に乗って」は構成の不完全さを補う印象の鮮明さと、死の認識との結びつきとして、新感覚派手法を使い出してからはじめて彼の作品が人間的生気を強く放つものとなったと言えよう。
 横光利一の中には、新感覚派的なものと融和し得ない自然感情的なものが生きていた。それが最も端的に現われたのは、短篇「草の中」である。この短篇にあるような自然感情は新感覚派作風以前の「火」や「御身」にあるものであって、これ等の作品は、この作家の素直な人間性をじかに読者に伝える。しかし、自然主義に反対し、大正期の新現実主義をも乗り越えようとする意志を持っていた闘将としての横光利一は、このような自然感情が直接に流露するのをきびしく意志的に拒んだ。そのため、大正末年の彼の作品には意匠の新鮮さがあっても、人間的な訴える力には欠けていた。その自然感情的なものが、新感覚派的手法と融和して頂点となったのは、彼が妻の死という問題に直面した時に書いた「春は馬車に乗って」であった。
 「春は馬車に乗って」を書いた翌年の昭和二年、彼は日向千代子と再婚した。そしてその翌年の四月、彼は上海に一ヶ月ばかり遊んだ。この旅行に胚胎したのが長編小説「上海」であって、その四月に彼はその最初の部分「風呂と銀行」を書いた。場面は上海である。』

実は、横光の上海旅行には芥川龍之介の強い影響があります。芥川龍之介は彼が再婚した年の七月に亡くなり、横光は当時のことをこのように振り返っています。

「芥川龍之介はわれわれの意識の上に、穴を開けた。われわれはこの穴の周囲を廻りながら、彼の穴の深さを覗き込んだ。しかし、われわれは何を見たか。私は自分の口の開いていたのに気付いただけだ。穴の傍でー次に私は笑い出した。」(「控え目な感想」より)

そして、横光は生前、芥川龍之介から「君は上海を見ておかねばいけない」と言われたことを思い出します。そのことから、横光は再婚の翌年、昭和三年に上海に一ヶ月ほど滞在しました。
芥川は大正10年(1921年)、彼が29歳の時に上海を訪れています。この時、横光は23歳でこの年に菊池寛によって川端康成と知遇を得ます。1912年に中国では清朝が終りを迎えていますが、芥川龍之介が見た上海では長く続いた王政が未だに影を落とし、街には革命前夜の重い気配が漂っていました。
対する横光は、蒋介石が南京政府という形によって独裁を成立させてから一年後の上海を訪ねたことになります。

『昭和二年に芥川龍之介が死んでから後、それまで芥川と谷崎潤一郎と佐藤春夫との間に保たれているように見えた大正期の純文学の理論的な中心は崩れ去った。志賀直哉は大正の末年から昭和初年にかけて全く創作の筆を絶ち、奈良に住んでいた。佐藤春夫は新しい文学の理解者創始者としての第一線を退いた。ただ谷崎潤一郎のみは、この時機横光と並んで「改造」に「卍」を発表していたが、谷崎もまた大震災以後は、関西に居を移して新しい文壇との接触が絶えていた。それ故昭和初年代には、横光利一はほとんどの文壇の中心的な存在となっていた。
 かあれが引き受けていた当時の日本文学の中心問題は、第一、ヨーロッパ文学が大戦争の後に産み出した新しい文学を日本の文士として如何に取り入れるかという問題と、第二、自然主義以来の日本文学の行きづまりを打開して、どのような将来の文学形式を作り出すかという問題と、第三、ちょうどこの頃徳永直、葉山嘉樹、小林多喜二、武田麟太郎、中野重治というような新作家の活躍によって最盛期に達したプロレタリア文学に対して芸術派がいかなる方法でその立場を守るか、という三つであった。』

伊藤整が横光利一について解説する4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です