伊藤整が横光利一について解説する4

伊藤整が横光利一について解説する3の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。

『また昭和三年に詩の季刊誌「詩と詩論」が発刊された。この雑誌には横光等の次のジェネレーションである春山行夫、北川冬彦、中島健蔵、三好達治、西脇順三郎、堀辰雄、阿部知二、渡辺一夫、飯島正等が、新しいイギリスやフランスやドイツの文学の紹介を次々に行った。~中略~また堀口大学はレーモン・ラディゲの「ドルジェル伯の舞踏会」を訳出した。それで昭和四、五年の頃には、大正末年と違った意味での西ヨーロッパの戦後文学が芸術派の側から日本の文壇に盛んに紹介されはじめていた。大正末年に紹介されたものがドイツ、オーストリア、イタリアを主としたのに対して、この時に紹介されたのは、フランス、イギリスが主であり、その中心思想はフロイディズムに裏づけされた心理主義であった。この新しい文学潮流の影響が横光利一の文学の方法に第二次の変化を与えた。
 即ち彼は昭和五年の夏、山形県の海岸に一ヶ月滞在して、その間に新しい方法による短編小説「機械」を書いた。この作品の傾向は、この年三月に発表した「鳥」の頃からきざしていたものであったが、「機械」において頂点に達した。それまで彼の書き方が、外の世界の印象を飛躍的な記述と観念との織りまぜにあったとすれば、「機械」においては独白的な心理描写を中心として、外形の描写は、その心理的なリアリズムに触れて来るものだけを取り入れるようになっていた。~割愛~
 彼の人間観の中には、初期からあった「愛」と「性」の問題の外に、社会構造としての人間の組み合わせの問題が、次第に発展してきて、中心的な場所を占めるようになっていた。その主題は、「上海」の中心主題であった。大会社の組織が人間を奴隷化すること、国家意思が人間性を無視してその野心を植民地で押し進めること、そして、そういうものの中に生きる知識人のニヒリズム、労働者の民族意識や集団による闘争、というようなものが「上海」では大きな野心的構図で描かれている。だが「上海」を現実に読むものの誰もが感ずるように、そのような論理的主題を描き出すには、新感覚派的手法の特色なる印象飛躍法は適当でなかった。
 新感覚派手法は、印象の模様化の面白さのために思考の論理的構成を絶えず崩すことで、まとまりなくしてしまうのである。~中略~横光の社会観人間観は初めは人間存在の不安定の意識から発して、後にマルクス主義によって社会的なものに拡大され増殖したものであったと私は考えている。』

中略した部分や割愛した部分には伊藤整の「機械」に対する、ちょっと普通ではない執心が余さず書かれてあります。彼は、「機械」を初めて読んだ時の回想を下記のように書いております。

『私は牛込の電車道を歩きながら買ったばかりの雑誌で『機械』を読み出した時、息が詰まるような強い印象を受けた。(中略)あの新感覚派流の印象を跳ね飛びながら追う『上海』までの手法を突然彼はやめ、柔軟な、谷川徹三の所謂『唐草模様』的連想方法を使い、文体も切れ目なく続いて改行のほとんど無い、字のぎっしりつまった形になっていた。率直に言えば、堀も私もやろうとしてまだ力が足りなかったうちに、この強引な先輩作家は、少なくとも日本文で可能な一つの型を作ってしまった、という感じであった』(清水書院「横光利一 人と作品28」福田清人 荒井惇見 共著 より引用)

堀とは、堀辰雄のことです。堀は、横光より6歳年下、芥川にとって堀は一回り違う同じ辰年生まれの弟子でした。横光自身から見た芥川は6歳年上でしたので、芥川→横光→堀らは6歳ずつ年が離れています。
また、横光は昭和7年5月に雑誌「改造」にて伊藤整が翻訳した「ユリシーズ」について、下記のような見解を掲載しております。恐らくそれを読んだ上で、伊藤は自分が翻訳した「ユリシーズ」が発表される前に、既に「機械」は書かれていたにも関わらず影響を与えたものとして書き記しています。

『人は誰でも一度は蓄音機のレコードを逆にかけて、終始点から初めへ向かって針を動かしてみたくなったり、人間一日の行動を休むことなく、フィルムに撮り続けてみたくなったりしたことがあったであろうと思う。
 『ユリシーズ』や『失いし時を求めて』の企ては甚だ簡単なものである。ただあれほどの馬鹿なことを誰もする気が起こらなかっただけなのだ。一日中の人間の行動を一日かかって撮影することは、鳩の音を出さんとするとき本物の鳩を使う擬音の脱法行為とどこが違うのであろう。
 ジョイスもプルーストも明らかにこの点にかけては脱法者だ。脱法者は犯罪人である。しかし、裁判官はこれを罰する判例を知らない。
 しかも、何人も知らぬのだ。彼らは呆然とした自身のその逆説的な態度を押し隠すがために、自身の頭に解釈を与えねばならなかった。現実というものは、他の何物でもない自分の頭の貧弱さにすぎない。文学におけるこの端的な解釈学は『ユリシーズ』と『失いし時を求めて』の批評から新しく始まって来た。(中略)
 現実の暗面』ーなるほど、現実には暗面はあるであろう。しかし、暗面というものは、文字では絶対に表現することは出来ない。『ユリシーズ』の成功は、人間心理の暗面を描いたことではなく、暗面とはおよそ文字から逃げていく余白そのものに等しいということを誰よりも明瞭に身をもって調査したことにある。われわれはこれに疑いをもっても、もう一度調査しなければならぬという懐疑的精神を振るい起こすには、もう人々の肉体はほど良く疲労を感じてしまっている。
 一度は必ず誰かがしなければならなかったであろう徒労な疲労を日夜せっせと翻訳した人々に対しては、私は恐怖を感じる。それは確かに科学的精神以上のものだ。』(「現実界隈」より)

横光の「ユリシーズ」に対する書きようが良ければ、伊藤整もここまで固執することは無かったのではないのかと思いますし、プルーストの影響があったなどと推論を述べることは無かったのではないか?と私自身はそう思いました。
では、引き続き伊藤整の解説に戻りましょう。

『その不安感の初めは、「火」に見ることができる。それは、幼な子にとっての母なる人のイメージが崩壊して行くという人間存在の危機感であり、その危機感を心底に持っている人間であったが故に、「御身」に描かれたような姪への愛の実体の立体的な把握が可能であった。また「蝿」においては、馬車の顚覆という事件が、蝿と人間という立場を異にした二種の生命に与える巨大な差を、微視的な認識法でとらえている。』

伊藤整が横光利一について解説する5へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です