塩素系漂白剤が苦手な人は過炭酸ナトリウムを使って漂白しよう♪

塩素系漂白剤が苦手で、どうしても使えない方もいらっしゃるかと思います。かく言う私が、強力で白くなると解っていてもどうしても使えなかったので、塩素系漂白剤の代わりになる過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤または過炭酸ソーダの別称あり)を頼りにしています。ここでは、過炭酸ナトリウムの使い方について説明しています。

スポンサードリンク

用意する物

■過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤、過炭酸ソーダの名前で販売されていることも)
■漂白したい物

過炭酸ナトリウムってどうやって使うの?過炭酸ナトリウムの性質を学ぼう!

使い方を知る前に、過炭酸ナトリウムの性質について簡単に学びましょう!
過炭酸ナトリウムは、漂白剤、除菌剤、消臭剤として使える一方、使用後は炭酸ソーダと酸素、水に分解されるので生分解の必要がない、自然への負担が少ないエコロジーな洗剤です。

そのため、

■衣服の黒ずみやしみの除去、殺菌漂白(長時間つけなければ、色柄ものもOK!)

■食器やタッパーなどプラスチック製品の漂白

■排水口や排水管、洗濯機のクリーニング

また、過炭酸ナトリウムは下記のことに向いていません

シルクやウールなどアルカリ性に弱い服の洗濯、漂白×

▽色落ちしやすい服や草木染の製品の洗濯、漂白×

では、実際に使い方を説明しましょう!

酸素系漂白剤である過炭酸ナトリムを使ってまな板綺麗にしてみよう♪

茶渋のついた食器や、食品の色が移ってしまったまな板を綺麗にしてみましょう。

1. 40℃以上の2リットルのお湯に大さじ1杯の過炭酸ナトリウムを溶かします。

スポンサードリンク

2. 食器やまな板を入れて、数時間から一晩つけ置きした後、すすげば元の白さが戻ってきます。
  
注意する点は、過炭酸ナトリムはアルカリ性が強いので、必ずゴム手袋をして触りましょう。
タンパク質を溶かす性質があるので、手肌が荒れる原因になります。

また、過炭酸ナトリウムを使って衣類を漂白、洗濯する時は通常の洗濯で落とせる汚れが服に残っていると効果が薄くなります。
それに加え、洗濯槽の掃除をしておきましょう。洗濯槽にカビがついてると、過炭酸ナトリムで浮いた汚れが服に付着することがあります。

洗濯槽は、空の洗濯機に40℃の水10リットルと100gの過炭酸ナトリムを入れ一サイクル運転すれば大丈夫です。

その後、洗濯または漂白しましょう。

酸素系漂白剤である過炭酸ナトリムで洗濯してみよう!

1. 洗濯機に40℃くらいのお湯30リットルと洗濯物と過炭酸ナトリム大さじ2杯を入れます。

2. 1から2分くらい攪拌させた後、20分つけおきましょう。

3. すすぎを2回して完了です。一度でも十分ですが、洗い残しが気になる場合は、2回まわすとベストです。

過炭酸ナトリウムでワインのしみを綺麗にしよう♪

赤ワインをテーブルクロスにこぼしてしまった時、頼りになるのが過炭酸ナトリウムです。
こぼした箇所をすぐに水で濡らし、過炭酸ナトリウムの粉をふりかけて、しばらくおきます。

その後、水洗いすれば大丈夫♪過炭酸ナトリウムには色素を切る働きがあるのでワインのシミには効果的です。

さいごに

過炭酸ナトリウムは、漂白や洗濯にも使えますが食洗機の洗剤としても使えます。食洗機に小さじ1から2杯を入れ通常運転するだけで綺麗になりますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です