横光利一の作品及び人物評伝

ゲーム「文豪とアルケミスト」で初めて横光利一について知った方も多いのでは無いでしょうか?ここでは、彼と交遊の深かった中山義秀(なかやまぎしゅう)と菊池寛の言葉をメインに紹介しております。

『横光の長編『日輪』が、五月の『新小説』に載る。二三年もかかった労作である。本誌の『蝿』を読んで、彼の才分を認めた人はぜひ読んでほしい。』(菊池寛 大正12年5月「文芸春秋」編集後記より)

『文章にリズムがある。毬(まり)のはねるような。万遍なく実によく書いてあると思うね。』(徳田秋声 大正13年2月「新潮」合評会における「蝿」の評価より)

横光が「旅愁」を新聞に執筆していた当時、同じく永井荷風による「濹東綺譚」(ぼくとうきだん)が新聞小説として連載されており、思想的な小説である「旅愁」に対し淫売窟玉の井を舞台に繰り広げられる耽美流麗な「濹東綺譚」の方が世間的な評価が高く好評を博していました。横光はこの永井荷風の作品に対抗しながら、筆を進めていましたが、ついに執筆を断念します。その時の状況を中山義秀は「台上の月」でこう回想しています。

『『濹東綺譚』の連載が終わった六月のひと日、私が横光をたずねてゆくと、彼は青白い顔に珍しく明るい表情をみせて、応接間に私をむかえ、
 『中山、僕は新聞の連載をやめたよ』
 私は突然のことに、びっくりして
 『えっ、旅愁を中絶するのですか』
 『さっき毎日の記者に、そう言ってことわった。記者は後の作者をきめるまで、少し待ってくれと、あわてて飛んで帰った』
 『そりゃそうでしょう。しかしー』
 私が何か言おうとすると、横光は後頭部に両手をあてて、椅子にそりかえり、
 『やれやれ、これでホッとした』
 私は『濹東綺譚』が連載されていた三ヶ月間、彼が歯を食いしばる思いでそれに対抗してきたことを知った。そうと分かれば、今更何もいうことはない。私は無言で彼と相対していたが、彼の救われぬ思いに暗然とならずにはおられなかった。』

また中山義秀は、同じく「台上の月」の中で、横光が亡くなった当時、自分も病床の身であったにも関わらず横光の死を知らされた途端、家人が止めるのもきかず、杖にすがりながら横光の家がある北沢まで走って行きました。

『横光は顔をしかめ、苦しげな表情で死んでいた。それほど病気の苦痛がひどかったのか、それとも招かざる死神に、最後まで抵抗して闘ったのか。つきぬ憾(うら)みと執念とをまざまざとこの世にとどめているような、いたましい死顔であった。
 『まだ、死にたくない。今死んでは犬死にだ、くそっ』
 歯がみをしながら何ものかにむかって、必死にそう叫んでいるかのように思われる。
 『そのとおり、死にたくはなかったでしょう、横光さん。中山がただ今、別れを申上げにまいりました。』
 私は別室にしりぞくと、あたりかまわず身をもんで哭(な)いた。』

中山義秀(なかやまぎしゅう)は、数え年19歳の時に初めて横光氏と知り合い、半年あまり同じ下宿先で一緒に生活をしていました。また、早稲田在学中に横光と一緒に同人誌を作るなど、横光とは30年に渡る長い交遊のあった人です。
自身も小説家ですが、平家物語の現代語訳も手がけており、その中でも那須与一の現代語訳は現在でも国語の教科書に採用されています。もしかしたら、皆さんも読んだことがあるのではないでしょうか?

『横光君のこと     菊池寛

 横光君が、僕の家に来たのは、大正十年頃ではないかと思う。最初に、「日輪」を持って来たのか、それとも僕の家に来ている裡に、横光君が、「日輪」を書くとき、「真珠夫人」から、ある種のヒントを受けたようなことを言っているから、「日輪」が書かれたのは、大正十年頃だと思う。「日輪」は、大正十二年五月の「新小説」に発表されているところを見ると、僕が「新小説」に頼んでから、発表されるまで半年くらいは、経ったのであろう。もっと経っているかも知れない。僕は忘れっぽいので、何事もボンヤリしている。
 その頃、横光君は、丁度僕の家の在った小石川中富坂の坂下である小石川初音町の裏町に住んでいたらしい。あの通り寡言の人だから、何も話さなかったし、横光君が結婚していた事も知らなかった。その後、横光君の最初の奥さんについては、人伝にきいた丈で、会ったことは一度もない。その人が、病気であったことなどは、横光君の小説で知った位である。
 しかし、大正十二年の一月に、「文藝春秋」が創刊されるとき、「新思潮」の人々や、佐佐木味津三などの「蜘蛛」の連中と交じって、同人に参加しているのだから、その前に相当僕の家へ出入していたように思うのだが、ハッキリした記憶はない。
 横光君は、「日輪」発表後、「新潮」に数作を発表しているが、「中央公論」に作品が載ったのは大正十五年である。だからトントン拍子に進出したわけではない。
 昭和二年には、横光、池谷、片岡、久米などと一緒に、秋田から新潟へ講演旅行したりなどした。この頃は、よほど親しく出入りしていたのであろう。その頃は、既に横光君は、最初の奥さんと死別していたのである。まもなく、僕の所へ出入りしていた古里さんと言う女性と恋愛した。この女性は、女子大出身で文章も上手で近代的な女性であったが、異常な性格で、恋愛してからすぐ、横光の寝ている蚊帳の中へ(わたし、そこへは入ってもいい)と行って、一緒に寝た位奔放であったが、横光君と同棲しながら、ついに身体をゆるさないと言う女であった。こう言う女にかかっては、性愛技巧などは全然知らない横光は、どうにもならず相当悩まされたらしく、間もなく別れてしまった。
 そのあと、間もなく現在の奥さんを知ったのである。その頃、有島武郎邸にあった文藝春秋社の離れで、横光君が、誰かと話している。相手は障子の陰にかくれているので、誰だろうと思ってのぞくと、若い女性だった。世にもこんな美しい人がいるかと思う位、美しい人だった。それが、今の奥さんである。文章などもうまく、その手紙は横光がいつか小説に使っていた。
 その奥さんとの話は、僕が奥さんのお父さんに直接会って、話をまとめ、仲人なども僕がしたのである。
 この時代の横光に、経済的に援助していたかどうか、すっかり忘れたが、横光が家を建てる時には、金を融通してやったように記憶している。
 昭和五年には、満州へ一緒に旅行した。池谷、直木なども一緒であった。池谷と横光とはかなり親しかった。
 横光とは、旅行などもいく度もしたが、僕と二人ぎりで旅行する時などは、切符を買ったりする雑用は、僕がしてやらなければならない位、彼は世事にうとかった。
 いつか岡本かの子さんの家に、二人で遊びに行ったが、かの子さんと横光との問答を聴いていると、まるで子供同志が話しているようであった。
 これで二人とも、小説がかけるのかと疑われる位であった。
 池谷が、慶応病院で、まさに死のうとするとき、横光に頼んで、自分の奥さんに電話をかけて貰った。看護婦などには頼めない電話であった。横光にとっては、それが電話をかける最初であったらしく、困り切ったらしい。
 横光は、麻雀などもやったが、下手だった。もっともらしい顔をして考えた末に、とんでもないパイを捨てたりした。酒なども飲まず、花柳界などにも興味がなく、女性に対しても謹直であった。生涯を通じて、前後三人の女性以外に恋人などを持たなかったのではないかと思われる。
 ただ、一寸意外なのは、中学時代に野球の投手だったと言う事丈である。
 自分とは、三十年に近い交遊であるが、横光に対していささかでも不快な気持を持ったことは一度もない。
 僕の長女が、結婚する時、仲人は頼めばどんな人にでも頼めたが、僕は横光にやって貰ったのである。
 僕は、始終彼を信頼し、愛していたのである。(1948.2)』(河出書房新社「文芸読本 横光利一」より)

横光利一は1947年12月30日に亡くなり、菊池寛は1948年3月6日に亡くなりました。この文章を書き上げ、菊池寛は横光を追うように亡くなっていることが分かります。

横光利一の作品及び人物評伝2へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です