宇野浩二が語る織田作之助1

筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。

こんど、織田作之助の作品と評論とを八分ぐらい読みかえしてみて、おもいのほか、いたく感じたのは、織田の文学が、ひと口にいうと、哀傷と孤独の文学である、ということであった。
——–

織田の第一創作集である『夫婦善哉』、のなかには、『雨』、『俗臭』、『放浪』、『夫婦善哉』、『探し人』の五篇がおさめられている。この五篇の小説は、『雨』が昭和十三年の十一月の作であり、『俗臭』が同十四年の六月の作であり、あとの三篇は、みな、同十五年の作で、『放浪』が三月の作であり『夫婦善哉』が四月の作であり、『探し人』が五月の作であるから、年でいうと、織田が、二十六歳、二十七歳、二十八歳の年の作である。それで、二十八歳の年が、もっともアブラがのっていたわけである。
ところで、いっぱんに、たいていの人が、それは、「文藝」の推薦になったからでもあろうが、『夫婦善哉』が、織田の初期の代表作のようにおもわれ、殊にすぐれた小説のように見なされているけれど、そうはいいきれない。たとえば、『雨』は、織田の処女作であるけれど、織田その人が、昭和十六年の六月に、「年代記小説ともいうべきジャンルの作品がいま流行しているが、『雨』は、昭和十三年に書いたものであるから、私は別に流行を追うたわけではない」と、いくらか、自負して、述べているように、(それは本当であろう)いわゆる年代記小説としては、もっとも初めのものであろう。それから、また、織田は、この小説について、「私の物語(ロマン)形式への試みがはじめて成されたのはこの作品である」と述べているが、これは注目すべき言葉である。なぜなら、織田の小説の大部分が、『物語形式』であり、それが、織田のほとんど全作品の、独特の、特徴であるから。
それから、これは、話がそれるが、織田は、永眠するまえに、「ぼくの小説はエロではない、ロマンである」といったそうであるが、この言葉は、織田の弁解ではなく、正当である。
さて、『雨』は、いわゆる年代記小説としてすぐれているばかりでなく、この作品に、すでに、織田の言葉をかりると、「人間に対するたぶん消極的な不信」も、「叫ぶことに何か照れざるを得ない厄介な精神」も、「現代の諸風景への情けない継子への反逆」も、実に、よく、出ている。こういう小説を、二十六歳の青年が、書いた、とおもうと、私は、つまり、この作者が、二十代のころから、すでに、すくわれようのない、哀傷の気もち、孤独なたましいのようなもの、『流転』や『放浪』のこころ、「継子の反逆」などを、胸に、心の奥底に、いだいていたことを、回想して、『わたくし』の感情もあるけれど、感慨にたえないのである。しかし、この私の感慨は、また、『わたくし』の感情ではない。読者よ、織田のいくつかの作品をよくよめば、それらの作品のうらに、織田の、孤独な、やるせない、反逆しながらに心のなかに涙をながしている、切なる哀傷が、『サハリ』のごとく、『唄』のように、にじむように、かたられ、述べられていることが、わかるはずである。
『夫婦善哉』の結末は、さまざまの、いろいろな、俗な言葉をつかうと、『大阪』人らしい、欲と愛の苦労をしつくした末に、「蝶子と柳吉はやがて浄瑠璃に凝り出した。二ツ井戸天牛書店の二階広間で開かれた素義大会で、柳吉は蝶子の三味線で『太十』を語り、二等賞をもらった。景品の大きな座布団は蝶子が毎日使った。」とあるように、いわゆる『めでたしめでたし』でおわっているように、ちょっとは、見えるけれど、「めっkり肥えて、そこの座布団(註-『夫婦善哉』屋の小さな座布団)が尻にかくれるくらい」になった蝶子が、「景品」の大きな座布団を毎日つかった。と書いた作者の心ーそれから、蝶子の気もちーは、『めでたしめでたし』どころか、やはり、孤独であり、切なきものであり、哀愁きわまりなきものである。こころある読者ならば、この小説のおわりにいたって、ふかいため息をつくであろう。
『表彰』(昭和二十年六月、「空襲がもっとも激しかった頃の」作品)も、その書き出しに、「夫の伊三郎がもう七年も前から鳥取に妾をかこっていて、二人の子供さえ出来ている由、筋むかいの古着屋の御寮(ごりょ)ンさんから聞かされた時、お島は顔色をかえて驚いた。」とあるが、これも、お島は、耳の遠い、放蕩者の、夫のために、さまざまの、ならぬ堪忍をし、できない辛抱をしたが、最後に、空襲のために、焼け出された二人が、「伊三郎が言いだし」て、妾の家にたよるために、鳥取ゆきの汽車に乗る、そうして、この小説の終りのほうの、「お島は、東條が阿呆な戦争したばっかしに、わては妾の厄介にならんならん、と口走っていたが、やがて疲れきって、コクリコクリ居眠ってしまったお島のやつれはてた顔を見ると、伊三郎は鳥取まで行く気が変わってしまった。伊三郎は松太郎(註-お島が夫をおちつかせるためにもらった子)の生みの母親の兄が石川県で百姓をしていることを思い出し、どこの駅で乗りかえれば石川県へ行けるのか、と隣りの座席の人をつかまえて、くどくどと遠い耳をかたむけた。お島は、よだれを流して、かすかな鼾を立てていた。」というところにいたれば、啓蒙的なことをいうようであるが、お島は、長いあいだの念願が、夫の伊三郎が、「鳥取まで行く気が変ってしまった」ので、「コクリコクリ居眠って」しまったのではなく、「疲れきって」眠ってしまったのであるから、伊三郎が鳥取ゆきをやめる気になったのは知らない、それを、伊三郎は、伊三郎で、ただ、「お島のやつれはてた顔」をながめて、「鳥取まで行く気」が変るところ、その他、小説として、あまりツジツマがあいすぎ、作者の、いわゆる『嘘』の、小説作法がわかりすぎるところはあるけれど、(これは、織田のほとんど全作品に通じる、長所であるとともに、短所であるけれど、こういうことは、専門の、批評家などが、考えることであるが)結局、この作品も、大げさにいうと、人の世の、愛欲のいきさつやもつれなどを書いているように見えるけれど、やはり、人それぞれの、孤独を、流転のありさまを、物語っている。これは、「空襲がもっとも激しかった頃」でも、織田は、「大阪(焼けた大阪)をなつかしむ意味で」書いた、とは述べているのが、やはり、作者が『宿命的』とさえおもわれるほど、根ぶかく、持っていた、せおわされていた、寂貘、孤独、哀傷、哀愁の心(気もち)が、全篇のいたるところに、にじみこみ、ゆきわたっている。

宇野浩二が語る織田作之助2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です