宇野浩二が語る織田作之助3

宇野浩二が語る織田作之助2の続きです。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。

織田は、それが絶筆になったという、『可能性の文学』という評論のなかで、「嘘は小説の本能なのだ、人間には性欲食欲その他の本能があるが、小説自体にもし本能があるとすれば、それは『嘘の可能性』という本能だ、」と述べている。しかし、織田のすぐれた作品の一つである、『アド・バルーン』のなかに出てくる、その小説の主要な人物の一人である、「振り向くと、バタ屋ーつまり、大阪でいう拾い屋らしい男でした。何をしているのだと訊いたその声は老けていましたが、年は私と同じ二十七八でしょうか、やせてひょろひょろと背が高く、鼻の横には大きなホクロ。そのホクロを見ながら、私は泊るところが無いからこうしているのだと答えました。……男はじっと私の顔を見ていましたが、やがて随いて来いと言って歩き出しました。」とある、その秋山という男も、「十銭白銅六つ。一銭銅貨三つ」をにぎって、大阪から東京まで線路づたいに歩いて行こう、とおもいたった、「やはりテクテクと歩いて行ったのは、金の工面に日の暮れるその足で、少しでも文子のいる東京へ近づきたいという気持にせき立てられたのと、一つには放浪への郷愁でした」という主人公も、もとより織田のいう、『嘘』の人間であろうが、ともに、織田の、心を持つ人間であり、『郷愁』の人間である。
そうして、さきに引いた『世相』のなかの一節でも、この『アド・バルーン』のうちの一節でも、その文章のなかに、哀傷の調子があり、述べる作者の、『流転』をあこがれる心と、『孤独』なたましいが、これだけでも、うかがえるではないか。
また、織田の佳作の一つである、『六白金星』の主人公の、父親にきらわれ、しだいにひがみ根性の出る、妾の子の、楢雄が、この小説の最後のところで、はだのあわない、兄の修一から、電話で、『強情はやめて、女と別れて小宮町へ帰れ』といわれて、『無駄な電話を掛けるな。あんたらしくない』と返事をしながら、修一から、『じゃあ、一度将棋をやろう、俺はお前に二回貸しがあるぞ!』と、「ちくりと自尊心」を刺されると、『将棋ならやろう、しかし、言って置くが将棋以外のことは一言も口をきかんぞ。あんたも口を利くな、それを誓うなら、やる』とこたえる、それから、最後のところの、

約束の日、修一が千日前かの大阪劇場の前で待っていると、楢雄は、濡雑巾のようなうすぎたない浴衣を着て、のそっとやって来た。青黒くやつれた顔に髭がぼうぼうと生えていたが、しかし眉毛は相変わらず薄かった。さすがに不憫になって、飯でも食おうというと、
「将棋以外の口をきくな」
と怒鳴るように言い、さっさと大阪劇場の地下室の将棋倶楽部にはいって行った。
そして、盤の前に坐ると、楢雄は、
「俺は、電話が掛かってから、今日まで、毎晩寝ずに定跡の研究をしてたんやぞ、あんたとは意気込みが違うんだ」
と言い、そしていきなり、これを見てくれ、とコンクリートの上へ下駄を脱いだ。見れば、その下駄は将棋の駒の形に削ってあり、表にはそれぞれ「角」と「龍」の駒の字が彫りつけられているのだった。修一はあっと声をのんで、暫く楢雄の顔を見つめていたが、やがてこの男にはもう何を言っても無駄だと諦めながら、さア来いと駒を並べはじめた。

とあるところなどを読めば、「この男にはもう何を言っても無駄だ」とあきらめる修一のかんがえなどは読む人のあたまにそれほどこたえない、そのかわり、楢雄の、強情が、それ以上に、せつない孤独が、宿命的とさえおもわれる、反逆の心が、よく読む人の胸を、うつ。これは、織田の心の一面であるからである。そうして、さらに、「さア来い」と駒をならべはじめる修一も、また、やはり、織田の心の一面である。

宇野浩二が語る織田作之助4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です