現代から見た織田作之助1

小学館が出版した「昭和文学全集13 織田作之助 武田麟太郎 阿部知二 尾崎士郎 火野葦平 中山義秀」には、石崎等氏による「織田作之助・人と作品」という解説が掲載されています。この本が出版された昭和64年(1989年)の視点に基づいての織田作之助の作品に対する考察がなされているため、現代の我々にとっても織田作之助の作品全般から彼の辿った道までがわかりやすく、理解しやすい解説となっております。以下、『』内の文章は左記の解説の引用となります。また、この解説を読む前に、宇野浩二が語る織田作之助シリーズをご一読されてからだと、より理解が深まります。織田作之助と彼の作品の理解と研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

「夫婦善哉」

 織田作之は、大阪と切り離して考えることのできない作家である。昭和十五年四月、同人誌『海風』に発表した「夫婦善哉」が注目され、それが同年七月号の『文芸』に第一回文芸推薦作品んとして再掲されたことが文壇への登場のきっかけとなった。この作品は、柳吉・蝶子という一組の男女を中心に、職業を転々と変えながらねばり強く生きる大阪庶民のヴァイタリティが、卓抜な話術によってみごとに表現されている傑作である。ここに織田文学の原郷があることはいうまでもない。同時に掲載された織田の「感想」には、「『夫婦善哉』は私の魂の郷愁のような作品であるが、これから魂の放浪を続けて行きたい」という覚悟が語られている。
 「夫婦善哉」を発表して以後、彼の文学的生涯は、わずか七年間に過ぎない。しかもそれは、戦時下の困難な状況をはさんでの七年であった。その間、織田は人の数倍のスピードで「魂の放浪」の旅を続ける。まさに生き急ぎであった。
 発表された当時、その老成した西鶴的作風と手だれの文章は、新進作家とは思わせない強烈な印象を人々に与えた。織田自身は、西鶴の影響を否定しているが、もしそうだとしたら、大阪人に脈々と流れる西鶴的なるものの伝統が、織田作之助の体内にも生き続けていたことを物語っているといってよいだろう。

 哀傷と孤独の文学

スポンサードリンク

 「人と交るや、人しばしばその長所を喜ばず、その短所を喜ぶものと心得べし」
 これは、「猿飛佐助」の中で、師匠白雲斎が佐助に訓えたことばである。まさに然り。織田作之助に関して、人はかならずしも彼の長所を認めて喜ぼうとはせず、むしろその短所を喜んだようである。白雲斎の教訓は、戦中から戦後にかけて「昭和文学」というフィールドをやみくもに駆け抜けて、あっという間に退場した織田自身が身を以て体得した人間観といえるだろう。だから、人との交際において、その短所を平気で晒すことを厭わなかった。それがまた大胆かつ奇矯な言動と受け取られた。世に言う「無頼派」の呼称もそこから来ているといってよいであろう。
 しかし一方、織田は、多くの人の証言にあるように、人の気をそらさぬ、サービス精神の旺盛な心優しい人間であった。生前、面識があった先輩の大阪出身の作家・藤沢桓夫(ふじさわたけお)は、織田を評して「おもろい男」だったといい、「陽気で、おっちょこちょいで、お喋りで、移り気で、見栄坊で、本当は小心で気が弱いくせに、一たん調子に乗るとブレーキが利かず、無謀に近い大胆不敵な言動を繰り返し、それで成功することもあったが、失敗することもしばしばだった」(『大阪自叙伝』)と回想している。こおポートレート批評は、彼の性格をみごとにとらえているように思われる。孤独な性格のために、積極的に誤解されるのを楽しんでいたかのようでさえある。
 しかし、作家としての自尊心は、人間に対する批評よりも作品に対するそれのほうにより鋭敏に働くのが一般であろう。だから、短所のみをあげつらう意図的・罵倒的な批評が応えなかったはずはない。自分に投げつけられた批評語のいくつかを蒐集していることからもそれが分かる。「可能性の文学」にある「げす、悪達者、下品、職人根性、町人魂、俗悪、エロ、発疹チビス、害毒、人間冒涜(にんげんぼうとく)、軽佻浮薄(けいちょうふはく)」がそれだ。また、「世相」の語り手「私」は、作中で「『風俗懐乱』の文士」「放蕩無頼の風俗作家」「デカダンスの作家」「才能乏しい小説家」などと自嘲的な自己規定をさえしている。
 こういう感性の触手の働かせ方にはユーモアすらかんじさせる面がある。しかし、織田の心に、自分の仕事が軽視され、世に正当に受け容れられないことへの悲しみが潜んでいなかったといったら嘘になろう。
 もっとも、そういう無理解な批評は、彼の急逝後、急速に沈静化に向かったことも確かである。そのきっかけを作ったのが、同じ大阪出身の作家で織田に大きな影響を及ぼした宇野浩二の「哀傷と孤独の文学-織田作之助の作品」(昭和二十二年五月『中央公論』)という好意的な作家論の出現であった。結末近く、宇野の宿屋の部屋を訪ねてきたときの織田の印象を語り、それに続けてこう述べている。

  そのときの織田のうしろ姿を心の目にうかべながら、心の目に涙をうかべながら、織田の人と文学を回想すると、私は、やはり、結局、織田は、ほとんど、一生、哀傷と孤独のなかに、生き、しぜん、その大部分は、哀傷孤独の文学(織田の言葉をかりると、哀傷と孤独の物語(ロマン)を、書き続けた、と、私は、考えるのである。)

 感傷にやや流されていなくはないが、これほど心を傾けて書かれた追悼的な作家論はそうざらにあるものではない。ここには、織田作之助論の基本的な枠組がいち早く提出されている。とくに見落とせないのは、「庶民にそそぐ、切ない愛と、深い憂いがあり、真に孤独な魂が、この世にうらぶれた人たちによせる、(自身も身につまされる)深い思いやりと、切ない涙と、共感がある」という指摘である。織田文学にとって、主人公と現実的諸関係の総量は、他の作家にくらべると確かに大きくはない。しかし、地に足をつけた庶民の哀歓を語る作者の姿勢は、さまざまなヴァリエーションをとりつつ、「俗臭」(芥川賞候補作)「夫婦善哉」「放浪」から、「雪の夜」「立志伝」「完全懲悪」を経て、戦後の「六白金星」「アド・バルーン」「世相」へと続く書作品に一貫しているのである。それは、事実上の処女作といえる「雨」、続篇「二十歳」を併合した長編『青春の逆説』でも変わらない。たとえば、「弱くうらぶれたもの」に惹きつけられる毛利豹一の結婚相手が、美貌の女優ではなく、行きずりに関係をもったカフェーの貧しい女給であったというように。』

現代から見た織田作之助2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です