夜明け前と島崎藤村の足取り1

ほるぷ出版の「夜明け前四 島崎藤村」に掲載されている三好行雄氏による解説は、「夜明け前」の解説と共に島崎藤村に対する深い研究が光っている内容です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。「夜明け前」及び島崎藤村への理解の一助となれば幸いです。

藤村文学の最後の到達
 -幻滅と挫折の悲劇- 
           三好行雄

 『夜明け前』は(未完に終わった『東方の門』を別にしていえば)、島崎藤村の最後の長編小説で、全二部から成る。
 第一部(序の章および第一から十二章の全十三章)は「中央公論」の昭和四年(一九二九)四月号から昭和七年一月号まで、原則として年に四回、一月、四月、七月、十月の各号にそれぞれ一章ずつ(ただし、昭和六年のみは八月号を加えて年五回)発表された。第二部(第一から十四章および終の章の全十五章)はひきつづいて昭和七名年四月号から第一部とおなじ方式で年四回、四年にわたって分載され、昭和十年十月号の〈終の章〉で完結した。第一部、第二部とも初出稿では各章ごとに作者の感想、正誤、執筆状況の報告などをふくむ自由な体裁の「附記」ないし「はしがき」が附されている。
 初版は第一部が雑誌連載稿の完結後まもなく、徹底した補正を加えて、昭和七年一月二十日に新潮社から出版されたが、その後、第二部の完結を機として企画された定本版『藤村文庫』の第一篇として、昭和十年十一月二十五日に新潮社から再版されている。『藤村文庫』は藤村自身が自分の作品を編集再構成した自選全集で、第一篇(第一部)と同時に、第二部がおなじく若干の補訂を加えて、『藤村文庫』第二篇として昭和十年十一月二十五日に新潮社から刊行された。
 小説の発表にさきだって、「中央公論」の昭和四年一月号に、予告にあたる「『夜明け前』を出すについて」が発表されているが、藤村はその一節で、つぎのようにいう。

 《これを出すについて、何かここに書きつけることを本誌の編集者から求められた。しかし私は今しばらく黙していたい気がする。自分の内から子供の生まれて来る前であればあるだけ、その沈黙を作者としての言葉に替えたい気がする。実のところ、私はこの作をするについて何も読者に約束することは出来ない。ただこれが私にとって第五の長篇小説であること、私はまた成るべくやさしい平談俗語をもってこれを綴るであろうということが言えるのみである。……『夜明け前』一篇は私として、一つのスタデイを持ち出して見るに過ぎない。》

 これは一見、さりげない挨拶のように見えるが、〈第五の長篇小説〉といい、〈平談俗語〉で語るといい、〈一つのスタデイ〉という、そこは『破戒』『春』『家』『新生』と書きつがれてきた藤村文学の半生の脈絡を継いで、なお新しい世界をひらこうとする作家の自負が読みとれる。
 藤村はみずからの内に熟してくるものの気配をひそかに確かめながら、それが産声をあげる刻(とき)の近づくのを慎重に待っているのである。

   *

 『夜明け前』の主人公青山半蔵のモデルは、いうまでもなく、藤村の父島崎正樹である。七年の歳月をかけて成ったこの大河小説で、作者は父の苦悩にみちた生涯を、父の生きた時代の状況と合わせ鏡にして、明治維新前後の動乱期を生き生きと描きだすのに成功した。個人の歴史を辿りながら背後に、時代全体の移りゆく大きな流れを彷彿した重量感は比類がなく、わが国の近代歴史文学の最高峰という評価がすでに確立されている。同時に、小説の成立過程やモチーフにかかわっていえば、『夜明け前』はたんに歴史小説としての傑作というだけでなく、藤村自身の生の軌跡にとって、たとえようもなく重い意味を持った作品であった。
 藤村は明治五年(一八七二)三月二十五日に正樹の四男として馬籠(まごめ)で誕生したが、明治十四年、九歳のとき、兄にともなわれて東京に遊学して以後、大正十五(一九二六)年に『夜明け前』の準備をかねて馬籠を訪れるまで、ほとんど故郷に足を踏み入れることがなかった。『夜明け前』のモチーフを手に入れたとき、藤村は名実ともに故郷にもどったのである。
 『夜明け前』の構想をうながすモチーフの発端は、大正二年のフランス行にまでさかのぼる。この年の四月、藤村はいわゆる新生事件として知られる実姪との危険な関係から逃れるためにフランスへ旅立ち、帰国の船に乗る大正五年五月までのまる三年間を、第一次世界大戦前後の物情騒然たる異国で過した。大正三年八月には戦禍を避けて南仏のリモオジュに移るなどのこともあったが、藤村はこの戦争を通じて、もはや頽廃(たいはい)の底をきわめたかに見えたフランス国民が、敗戦にひとしい打撃を受けて逆に民族の自覚にめざめ、廃墟からたちなおろうとする不死鳥のような生命力に驚嘆した。みずから銃をとって戦い、祖国のために死んでゆく詩人たちにも感動した。現地で書かれた随想「戦争と巴里(パリ)」(大正四年)でも、〈私は今自分の周囲を見廻すと、戦後の仏蘭西の為めに来るべき時代のためにーせっせと準備しつつあるものに気が着く。どう見てもそれは芽だ。間断なく怠りなく仕度して居るような新生の芽だ〉(「春を待ちつつ」三)という発見が語られている。藤村はその〈氏から持来す回生の力〉の根源を、フランス民族が守り育ててきた伝統のなかに求めた。廃墟に新生の芽を芽ぶかせるものこそ、戦禍によっても滅びることのない伝統の力なのだという発見である。〈回生の力〉への驚嘆は直接には、みずからのデカダン(背徳と不倫の愛)から自力でよみがえろうと『新生』への道を用意することになるが、同時に、民族の精神や伝統についてのあらたな自覚は、幕臣栗本鋤雲(くりもとじょうん)の『暁窓(ぎょうそう)追録』を旅窓で読んだことなどが機縁になって、十九世紀日本の考察という大きなテーマの前に藤村を連れだすことになった。

 《もし吾国(わがくに)における十九世紀研究とも言うべきものを書いてくれる人があったら、いかに自分はそれを読むのを楽しむだろう。明治年代とか、徳川時代とか。区画はよくされるが、過ぎ去った一世代を纏めて考えて見ると、そこに別様の趣が生じてくる。先ず本居宣長の死あたりからその研究を読みたい。……組織的な西洋の文物(ぶんぶつ)を受けいれようとしてから未だ漸く四五十年だ、兎も角もその短期の間に今日の新しい日本を仕上げた、こう言う人もあるが、それは余りに卑下した考え方と思う。少なくも百年以前に遡(さかのぼ)らねばなるまい。十九世紀の前半期は殆どその準備の時代であったと見ねばなるまい。》(「春を待ちつつ」四)

 本居宣長の没したのは一八〇一年である。日本の近代がそれから切れて、すくなくとも切ろうとしてはじまったと信じられていた過去の再評価である。
 「戦争と巴里」には栗本鋤雲についての言及もある。鋤雲は幕府きっての西洋通として知られ、外国奉行などを歴任したが、慶応三年(一八六七)に渉外使節として渡仏し、明治維新をパリで迎えた。『暁窓追録』はそのフランス見聞記で、パリにおける藤村の愛読書のひとつだった。帰国後は新政府の招きを断り、江戸幕府の遺臣として野に隠れた鋤雲を、藤村は〈強情な人で……人一倍の強さをもって時代の運命の不可抗な力の前に立った〉と批評する。先進諸国のひとびとと対抗してゆずらなかった活躍ぶりを賞讃しながら〈そこには物に動ぜぬ偉大な気魂(たましい)と、長い教養の効果と、日本人としてのプライドを看取するに難くありません〉とも書いている。藤村は栗本鋤雲のなかにも、十九世紀日本という、近世と近代とを包括する認識でなければ正確に見ることのできない、ひとりの先覚者の像を発見していたにちがいない。狭い視野でいえば、確かに、日本の近代は栗本鋤雲を否定して出発したように見えるが、鋤雲もまた民族精神の体現者として、日本の近代との連続性をうしなっていないのである。ちなみに、栗本鋤雲は喜多村瑞見(ずいけん)の仮名で『夜明け前』にも登場する(第一部第三章)。』

夜明け前と島崎藤村の足取り2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です