夜明け前と島崎藤村の足取り4

夜明け前と島崎藤村の足取り3の続きになります。ほるぷ出版の「夜明け前四 島崎藤村」に掲載されている三好行雄氏による解説は、「夜明け前」の解説と共に島崎藤村に対する深い研究が光っている内容です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。「夜明け前」及び島崎藤村への理解の一助となれば幸いです。

スポンサードリンク

『しかも、資料の利用にあたって、想像力によるほしいままな潤色をできるだけ避けようとする態度を最後までつらぬいた。〈木曾路はすべて山の中である〉という有名な一行からはじまる序の章の冒頭が、文化二年版の『木曾路名所図会』巻三の記事に基づくことも、すでに指摘されている。(北小路健『木曾路文献の旅』)。

 《木曾路はみな山中なり。名にしおう深山幽谷にて杣(そま)づたいに行かけ路多し、就中三留野(なかんずくみどの)より野尻までの間ははなはだ危うき道なり、此間左は数十間深き木曾川に路(みち)の狭き所は木を筏わたして並べ、藤かづらにてからめ、街道の狭きを補う、右はみな山なり、屏風を立たる如(ごとく)にして、基中(そのなか)より大巌さし出て路を遮る、此間に桟道多し……》

 風景でさえも、藤村は同時代の眼を借りて描こうとするのである。目撃者の視点に自己の視点をかさねて、眼前に流動する複雑な時代相を彷彿するという藤村の方法にとって、第二系統の資料が不可欠だったことはいうまでもないが、なかでも『大黒屋日記』の存在は小説の骨組みや構造を決定するほどに重要だった。
 『大黒屋日記』は、正確には『年内諸用日記』という。筆者の大脇信興は作中の金兵衛のモデルで、大黒屋の第十代の当主である。文政九年から明治三年にいたる四十五年間(ただし、天保四、五、八、九年の記事を欠く)の馬籠宿における公私の記録を克明に書き綴ったもので、叙述は旅行、盗難、火災など農民の日常生活にまで及んでいる。『夜明け前』の自解として有名な「覚書」(『桃の雫』所収)に、つぎの一節がある。

 〈昭和二年のはじめには、わたしはすでに『夜明け前』の腹案を立ててはいたが、まだ街道を通して父の時代に突き入る十分な勇気を持てなかった。……日清戦争前の村の大火に父の蔵書は焼けて、参考となる旧(ふる)い記録とても吾家(わがや)にはそう多く残っていないからであった。これなら安心して筆が執れるという気をわたしに起させたのも大黒屋日記であった。その年にわたしは一夏かかって大脇の隠居が残した日記の摘要をつくり、それから長い仕事の仕度にとりかかった。〉
 
 〈街道というものを通して父の時代に突き入る〉という言葉は、『夜明け前』の性格を的確に表現しているが、確かに、『大黒屋日記』はそのための絶好の資料だったといえよう。日記を通じて読み取れる馬籠宿の日常は僻地の寒村らしく、時代のはげしい動きからなかばとりのこされたように見えながら、にもかかわらず、幹線道路の宿駅であることによって、そこを通過するさまざまな旅人がさまざまな情報を残してゆく。時代の鼓動はおくれて、しかし、確実に伝わり、あわただしい反応を強いられるのである。藤村は偶然とはいえ、きわめて恰好な視点を手に入れたわけである。京都と江戸の中間にある馬籠は交通制度上の一要地というだけでなく、政治や社会経済の動きにも微妙にかかわる位置にあった。藤村は宿駅を通過してゆく旅人の群れを描き、鄙(ひな)びた村落のしだいに変化してゆく日常を描くことで、転変する時代と人心の移ろいをあざやかに表現することができたのである。

スポンサードリンク

     *

 時代の動きから遠くにありながら、それがつねに生々しく伝わってくるという馬籠宿の位置は、そのまま半蔵の苦悩の象徴である。第一部の第三章で描かれる江戸への旅は半蔵にとって、青山家の遠い祖先へさかのぼる旅であり、時代の転回をうながした黒船の海を見る旅であり、そして、篤胤(あつたね)没後の門人として、平田派に正式の入門を果たす宿願の旅でもあった。このとき、半蔵の前に新しい世界が確実にひらかれた。しかし、それは同時に新しい苦悩のはじまりでもあった。平田派の国学に心酔するひとりとして、時代の焦燥に身をもってたちあう政治運動への参加を夢想してみても、本陣・庄屋の責務がそれを許さない。激動にむかおうとする時代の足音が確実に聞きとれるだけに、半蔵の焦燥もまたふかく、はげしい。和宮降嫁の大行列、参勤交代の廃止、助郷制度の廃止など、ようやく揺らぎはじめた幕府の衰運を象徴するような事態がつぎつぎに起り、平和だった宿場でも、草山口論をはじめ農民感情の荒廃がめだちはじめた。半蔵は思想や信条を隠し、内心の不満をおさえて、ことの処理に追われねばならない。
 街道を通りすぎてゆく血気の青年に、平田派の先輩、暮田正香(角田忠行がモデル)がいる。かれは木像烏首事件の顛末を語って去ってゆく。半蔵は〈「物学びするともがら」の実行を思う心は、そこまで突き詰めて行ったか〉との思いを消せない(第六章)。宮川寛斎(馬島靖庵がモデル)に国学を学んだ同門の友人、蜂谷香蔵(市岡正蔵がモデル)もともに家を捨てて京都に出てゆく。〈どうも心が騒いで仕方がない〉という半蔵の独白は重い。

  《どうだ青山君。今の時は、一人でも多く勤王の味方を求めている。君も家を離れて来る気はないか》(第八章)

 行動をさそう友人の無言の声を、半蔵は確かに聞きとっていた。しかし、妻籠(つまご)の青山寿平次(島崎重信(しげよし)がモデル)は、その半蔵に〈君は信じ過ぎるような気がするー師匠でも、友人でも〉と語りかける(同)。かれはまた、〈庄屋としては民意を代表するし、本陣問屋としては諸街道の交通事業に参加すると想って見たまえ。兎に角、働き甲斐はありますぜ〉ともいう(第三章)。暮田らのように、思想に殉じて革命運動にはしる青年たちと、寿平次のように、思想のうながしから無縁のままえに、みずからの責務をうたがわぬ青年とを対照させながら、そのいずれでもありえない半蔵の苦悩が描かれるのである。半蔵の苦悩を映すもうひとつの鏡として、萬福寺の住職松雲(桃林和尚がモデル)の存在も印象的である。尾張藩士の通行にわきたつ宿場の喧噪をよそに、しんかんとした方丈(ほうじょう)で、〈松雲は唯一人黙然として、古い壁にかかる達磨の画像の前に坐りつづけた〉(第二章)。時勢を超越した思想家の姿があざやかである。
 半蔵はやがて、懊悩の果てに、庄屋には庄屋の道があると思いさだめる。伊那谷にひそむ国学者の運動を援助するなど、〈草叢の中〉での歴史への参加を選ぶわけだが、その半蔵が明治維新による理想の実現を信じて狂喜するまで、主人公の状況事体が一種の運命悲劇としての緊張をもたらしている。』

夜明け前と島崎藤村の足取り5へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です