自然主義における島崎藤村1

東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から瀬沼茂樹氏による「藤村と自然主義」は自然主義の観点から島崎藤村を捉えた内容です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

藤村と自然主義

        瀬沼茂樹

  
 島崎藤村が第二の長篇『春』を準備しているときに、雑誌『趣味』(明治四一・一)の問いに答えて、現在敬慕している外国作家はツルゲーネフの判断、イプセンの冥想、モーパッサンの束縛されない観察などだが、バルザックを忘れ、ゾラを忘れたように、いつかこれらの大家を忘れないものでもないと、いっている。これでみると、バルザックやゾラを敬慕していた時代があるようにみえる。それはいつの頃のことであろうか、はっきりとした実証はあげにくいが、韻文では自分の思想を現しにくい、「小説が私の思想(かんがえ)を現すに最も相応しい形だ」(緑陰雑話)と考えるようになったころのことであろう。
 藤村が韻文から散文に移った時代は、藤村だけではなく、同じような人が「大分ある様ですねえ」(同)といわれるような時期で、外国文学、特にゾラの自然主義に「開発され指導されて」一つの「模倣の時代」をみせていた時期、小杉天外や永井荷風のゾライスムの見られたときである。
 だから、藤村もまた時代の動きに敏感に、散文への移りゆきを、バルザックやゾラに仰いだと考え、その時期はほぼこのころだと推定しても、さしつかえないだろう。しかし、ゾラはとにかく、バルザックについては、今日までに公にされている資料では、どの程度まで知っていて、敬慕していたのか、確かめにくい。『自然派と非自然派』(明治四一・三)という談話や、『モーパッサンの小説論』(明治四二・八)という感想には僅かにバルザックの『人間喜劇』の総序に言及したものがあるが、明治三十年代においては、どうだったか書簡などについてみても、はっきりした確証がみつからない。このことは、程度のちがいはあるが、ゾラについても同じである。
 そこで、もしいうように、バルザック、ゾラを敬慕していたにしても、『旧主人』『藁草履』(明治三五・一一)の「双児」的作品を書いて、小説家としてデビューしていったころには、すでにフローベール、モーパッサン、イプセン、ツルゲーネフ、ハウプトマンなどの、広いさまざまな自然主義の傾向が強くなってきている。このころになっても、一体、自然主義についてどのように考えているのか、たとえば僚友田山花袋の場合ほど、はっきりした考えは、感想評論などからは直接にうかがえない。信州の小諸にあって、三宅克巳にたいし「大兄の自然派に開くべき地面(明治三五・一○)といったり、田山花袋にたいし「大兄はナチュラリズムの趨勢を極めてすでに一歩を新しき地に転ぜらるる」(同・一一)と書いたりして、みずから自然主義の方向に独自の場を求めていたことを思わせるにとどまる。
 初めての長篇『破戒』(明治三九・三刊)をだした直後の談話、さきにもちょっと引いた『緑陰雑話』(明治三九・四)になると、いくらか面白い暗示をみることができる。「恋愛にしても昔の様に感情ばかりでなく、今のは生活の問題や生殖のことも非常な関係を有って居ますから、一方に情熱が燃えて居ても一方には智が働いて居るのです。」わが国の作品が浅いのは、この智ー「深く人生を知ると云う様な方面が浅いから」である。これまで小説でまったく看過されている生活問題も「将来は甚深な関係を以て描かれる」であろう。以前は「局部の描写」だけが多いが、いままでわが国の文学に欠けていた「大体を観察し、更に進んで之を批評し解釈しようとする点に」力をそそぐようになるだろうといっている。ついで、近頃の自然主義には消極的なものと積極的なものと両面がある。国木田独歩のように「自ら敗れたものや、世の中から斥けられたすたり者の間にも一種の面白味を見出して之を描く」のが消極的な方だという。ここで積極的な方については、なにも書かれていないが、推測することはできよう。
 これは『破戒』完成の後で、自分はまだ「稽古の時代」だといいながら、或る程度まで自信をもって彼流に結晶しかけていた文学観の現われであろう。その後で、初めての短篇集『緑葉集』を編んで、その大部分の作品を、『破戒』とあわせて「千曲河畔の物語」といったときに、初めからこのような意図をもって「一地方の出来事」だけから書きすすめ、そこに「田舎風俗」の小説を考えていたのだろうか、それとも、東京に出て、このような文学観からの回想であったのだろうか、ということが問題になる。初めての小説の「双児」の一つで、発売禁止になって『緑葉集』に入らなかった『旧主人』が、やはり「千曲河畔の物語」の一つであり、フローベールの『ボヴァリー夫人』からきた「田舎風俗」であった。「田舎風俗」は『ボヴァリー夫人』のサブタイトルでもあった。そして、「双児」のもう一つ『藁草履』から『旧主人』を含め、『爺(おやじ)』(明治三六・一)『老嬢』(同・六)『水彩画家』(明治三七・一)にいたる「千曲河畔の物語」五篇は、ほぼ十五ヶ月たらずのあいだに、連続して世に出た作品であり、この地方をいろいろと書きわけようとした一連の「田舎風俗」であったとみることは、あまり無理がないのではないかと思う。

 『緑葉集』の序(明治三九・一一執筆)が、後からつじつまを合わせた理屈とみることは、この場合、あたるまい。田舎教師として小諸にきて高原生活をはじめ、「真に『田舎』というものが予の眼に映じ初めた」と感じたことはすこしも無理がない。そうであれば、「身のまわりから始めて、眼に映じたまま心に感じたままを写して見よう」として、「田舎」の「写生」として一連の「千曲河畔の物語」が成立するのも自然である。わたしは、「田舎」から「田舎風俗」を連想し、フローベールから藤村の心の隅に「田舎風俗」を置いてみた。この場合、「田舎風俗」は mores としての「民情」であり、バルザックの「風俗的研究」まで遡りうるものである。藤村が『人間喜劇』の総序』を、ツルゲーネフの「ハムレットとドンキホーテ」やモーパッサンの『ピエールとジャン』序文とともに、小説観として重要視していたことは『モーパッサンの小説論』(明治四二・八)にみえている。これらが『旧主人』以前に手に入っていたものかどうかはわからぬが、関心のあったものもあり、或いは読んでいたかもしれぬ。読んでいたとすれば、ここにもつらなってくると思われる。
 すこし迂回しすぎたようだが、バルザック、フローベール、ゾラなどからの自然主義が、三宅克巳に教えられ、ミレー、コローなどの写実風な風景画から出た自然観察(「写生」)ー『雲』(明治三三・八)を通じて、『緑葉集』の諸短篇、その「風俗研究」となって結晶していったと仮定することは、自然であろう。『緑葉集』から『破戒』までの間に、藤村の自然主義は、いわば正統的であり、本格的でありえたのである。藤村のいわゆる前期自然主義の問題はこの内容に立ち入って考えるところからはじまる。』

自然主義における島崎藤村2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です