西欧文学と島崎藤村1

東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から伊狩章氏による「藤村の比較文学的考察」は海外文学や田山花袋らとの比較の観点から島崎藤村を捉えた内容です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

藤村の比較文学的考察

           伊狩 章

 藤村が詩より散文に移った最初の二年間(一九○二、三年)に書いた「旧主人」「藁草履」「爺」「老嬢」の四篇習作が、何故あの様に生々しい性欲や、姦通、不倫などの問題を主題とするものになったのであろうか。同じ自然派の田山花袋が「叙情詩」集より「重右衛門の最後」にいたるまでに、二十数篇の感傷的な、抒情詩の延長の如き習作を積み重ねていること等と照合して、藤村の転換はそこに時代や資質の差を考慮するとしても、尚、余りにも急激な突発的の感がある。「落梅集」から「旧主人」に至る間に少なくとも数篇の抒情的作品があったとしても少しも不自然ではなかろう。それに当たるものとして「千曲川のスケッチ」があるが、しかしこれはどこまでもスケッチで如上の疑問の回答にはならない。
 更に、この四篇と次作「水彩画家」とを比較して見ると、その作風に一つの変貌が感じられる。「水彩画家」の内面描写や構成は前の四篇よりも「破戒」に近いものがあり、その意味で、逆に「旧主人」以下の四篇は藤村の初期習作の中でも何故か孤立した感を抱かせる。
 この四篇が散文作家へ転向した最初の習作である意味からも、その疑問の解答は重要であるが、筆者の考察ではその解答が「破戒」や「春」にいたった経過を説明する内容を含み、更に、「うたたね」における比較文学的考察と共に、最近話題になっている藤村におけるコンプレックスの問題に関連を持っていると思われ、いろいろの意味でこの四篇の開明は示唆に富む。
 いか順を追って考察しよう。

 1.モーパッサン流行

スポンサードリンク

 一九○一年詩から散文へ移らんとした藤村は小諸になって、田山花袋、上田敏、松岡国男達の示唆の下に西欧文学に傾倒していた。ツルゲーネフ、トルストイ、ドストエフスキーフローベール、イプセン、ハウプトマン等の文学書の他、ダーウィン、ラスキン、ルソーなどの著作が、書簡、感想に記録されている。それらの西欧文学を範として小説を書かんとしたのであろうことは想像にかたくない。手始めに為された「千曲川スケッチ」が「猟夫日記」(藤村書簡まま)その他の感化によるものであることは在来の研究に実証されている通りである。
 しかし藤村はそれら西欧作家の中に自己の小説の範として最も適切なものを容易に見出し得なかった。観察しスケッチした雑多な生のままの素材、頭にわだかまるアイディアを文学として造形定着するに相応しい洋式を発見し得ず苦慮していた。
 そうした状況に折しも、一九○一、二年頃中央の文壇では「モーパッサンの流行」という現象があった。
 藤村がモーパッサンを知ったのは早く「女学雑誌」時代で、その三○八号(一八九二・三)に発表した「小説の実際派を論ず」に「ピエールとジャン」序文』の小説論を引用したのがモーパッサンに関する記述の最も早いものである。但しその時真に「ピエールとジャン」を読んだかは確実でない。後述する如く後に上田敏に「ピエールとジャン」の英訳を照会していると事と、この一文の内容などから推察するに、これはゾラ及びモーパッサンなど仏蘭西自然派の紹介文によった形跡が濃い。
 その後、上田敏などからモーパッサン短篇集を借覧したことがあったかも知れぬが、大体殆どよまなかったものと想像される。
 九年後の一九○一年秋、その夏花袋が入手したモーパッサン短篇集「アフター・ディアナ」叢書十一巻の驚くべき内容を耳にした。続いてその暮、敏から「みをつくし」を贈られた彼はその中で、モーパッサンの翻訳「文反古」「いろり火」の二篇を読み「みをつくしの解題のうちに拝見せしモーパッサンの Piere et Jean, Fort comme la Mo-rt, Notre Coeur は、英訳有之候はば、出版の書店を教えたまわり度、猶其他の長篇にて英訳も御座候はば、御示し被下度候。」(藤村全集十八巻、書簡番号四八、十二月二十七日、上田敏宛)と漸く関心を示した。
 更に三日後の十二月三十日、花袋宛に問題の「アフター・ディアナ」版「短篇集のうちを一二冊拝借致し度」いと頼み、続いて同じ書簡の中に、最近文壇でその作風の変換を好評されている花袋の近作「野の岡、村長、老農等の御近作のうちを拝読致し度、御見せ下さるまじくや」(前掲書簡集、四九)と依頼した。花袋はそれらの依頼に応じたであろう。花袋から借用したモーパッサン短篇集と、花袋の近作「野の花、(「野の岡」は誤)村長、老農」とは、藤村にどの様な示唆を与えたであろうか。結論を先に述べるならば、「旧主人」以下の四篇はまさにその成果だったと考えられるのである。
 爰(ここ)で当時の文壇における「モーパッサンの流行」がどの様なものであったかを考えて見よう。この年一九○一年夏、初めてモーパッサン短篇集を入手読了した花袋は、在来の文学観を一変する様な衝撃を受け、これを「太平洋」誌上に紹介、また、周囲の作家達にも大いに宣伝した。(斎藤弔花「国木田独歩と其周囲」)花袋は直ちにその数篇を翻案、馬場孤蝶、上村左川等はこれを翻訳するという風に紹介されたモーパッサン(ほとんど短篇のみ)は、強姦、姦通、父娘相姦、兄妹相姦などの題材をはばかる色もなく露骨に描き出し、たちまち我が文壇に好奇心と驚異をもって伝わっていった。それがモーパッサン文学の真の理解からでなく、単にエロティシズム中心の好奇心からであったことはその後の日本自然主義文学の性格を暗示するのであるが、それはともかく、かくして紹介宣伝されたモーパッサンはたちまち文壇に広がり、翌一九○二年八月には早くも文芸時評の中に「モーパッサンの流行」が取上げられる勢であった。(「文芸倶楽部」時文、筆者中内蝶二)
 こうした文壇の風潮は小諸にあって新文学を苦慮している藤村にも相当の関心を呼ぶ現象だったに違いない。前掲花袋宛の書簡がそれを立証している。』

西欧文学と島崎藤村2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です