西欧文学と島崎藤村3

西欧文学と島崎藤村2東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から伊狩章氏による「藤村の比較文学的考察」は海外文学や田山花袋らとの比較の観点から島崎藤村を捉えた内容です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

3.モーパッサンからロシア文学へ
 以上により「旧主人」以下の四篇がモーパッサンの感化の下に書かれたものであることは立証された。
 ここで結論づけるならば、その感化は(1)主として題材的リアリズムとでもいうべきものであった。本能的な性欲や、男女関係を主題にするというだけのもので、モーパッサンの真のリアリズムとはおおよそ無関係のものだった。
 (2)藤村は様式の上にもモーパッサンの感化を受けた。「緑葉集」「藤村集」に収載された初期短篇にはモーパッサンの様式を感じさせるものがかなりあるし、(例えば「朝飯」「伯爵夫人」「苦しき人々」「土産」など)後述する様に後期のものにもモーパッサンの感化が見られる。
 しかし結果的にはこの四篇は余り上出来ではなかった、藤村自らこの失敗に気付いたのか、次作「水彩画家」には早くもモーパッサン的なものからの脱出の気配が見える。
 その理由として種々考えられる。文壇の風潮や花袋示唆によってモーパッサン的な試作をしたが余り香ばしくなかったこと、そうした借り物の主題や素材では自己の思想を充分に生かすことが出来ず、作家的成長と共に深刻な効果をあげるには矢張自己の私生活を題材にしなければならぬと考えたこと、文壇にロシア文学の流行があったこと(後註参照)結局モーパッサン的なものが藤村の資質に合わなかったこと等がその理由の主なるものであろう。「水彩画家」には早くもどこかロシア文学的なものー「破戒」に近いものーが認められるのである。
 主題になっているのは矢張妻の不貞という問題であるが、その描写は深刻になり、前四作が単なる題材的リアリズムに過ぎなかったに対し「水彩画家」は、藤村自身の私生活の問題を取入れた事と相まって深味のある内面的リアリズムへの努力がうかがわれる。
 斯く「水彩画家」にいたった藤村は、モーパッサンの亜流を脱し、ロシア文学的方向に転換したと言えよう。
 従って、この転換の成果が「罪と罰」の示唆による「破戒」に結実したと考えることも、あながち牽強(けんきょう)ではないのである。
 同じモーパッサンによってそのリアリズムを海岸した花袋が、「自己暴露」とか「皮はぎの苦痛」という様な主情的方向につき進んで「蒲団」を書き、モーパッサンの小説技術(主に短篇様式)を取り入れた永井荷風が「あめりか物語」から「新橋夜話」に達した夫々の場合と比較して、藤村のそれは独自の道をたどったものと言える。藤村にとってモーパッサンは詩から散文に移る一つの踏台だった。
 
 浪漫的世界から現実界にいたる足がかりだったのである。
 一度び散文界にたどりついた藤村にとってモーパッサンは資質的にも肌のあわない文学だった。モーパッサンの透徹した観察や、一言一句もゆるがせにしない表現、簡潔な文体等は大いに認め、学んだが(それも大分後年になったからだが)その露骨なエロティシズム、風刺、諧謔などは陰性な藤村にはぴったり来ないものだった。
 「モーパッサンの短篇集の中にはツマラないように見える作も随分ある。中には馬鹿馬鹿しいのがある。其実、これらは仏蘭西人にのみ解せらるる『ユーモア』であって、われら外国人には意味のないものに見えるのかも知れない……」(新片町より、印象主義と作物)という言葉によってその事が察せられる。
 藤村にとってロシア文学的なもの、トルストイ、ツルゲーネフ、ドストエフスキーなどの作風がその資質に合っていた。だから、「罪と罰」が「破戒」に、「処女他」が「春」に影響しているという考察もここから成立つ訳である。かくして藤村はモーパッサンからロシア文学に転換することによってその文学を確立したと考えられる』

牽強(けんきょう)・・・こじつけ。道理に合わないものを無理に合わせようとすること。

西欧文学と島崎藤村4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です