ホウキグサとレモングラスとホリホックの育て方とポイント

ホウキグサは、育てると1mくらいの大きさになり枯れた後の茎からホウキを実際に作ることができます。レモングラスは、インド原産のイネ科の植物でカヤのような外見をしたハーブです。ホリホックは和名をタチアオイといい、背の高い茎に大きな花を何輪も咲かせる夏を彩る植物です。
“ホウキグサとレモングラスとホリホックの育て方とポイント” の続きを読む

ダンディライオンとチコリとレモンバーベナの育て方とポイント

ダンディライオンはキク科の植物で和名をセイヨウタンポポといい、日本人にとっては馴染みのある植物です。チコリは別名をキクニガナといい、江戸時代末から明治の初めに持ち込まれた植物です。レモンバーベナは、和名をコウスイボクと言い南米原産の落葉低木です。
“ダンディライオンとチコリとレモンバーベナの育て方とポイント” の続きを読む

スイートバイオレットとソープワートとステビアの育て方とポイント

スイートバイオレットは和名をニオイスミレといいお花の砂糖がけを作る時に使われる植物です。ソープワートは和名をサボンソウといい夏にピンク色の愛らしい花を咲かせる植物です。ステビアの葉や茎は、砂糖の200倍から300倍の甘さがあるといわれています。
“スイートバイオレットとソープワートとステビアの育て方とポイント” の続きを読む

スイートウッドラフとアーティチョークとアニスヒソップの育て方とポイント

スイートウッドラフは、和名をクルマバソウといい日本では北海道から九州の山に自生する植物です。アーティチョークは別名をチョウセンアザミといいアザミに似た大きな花をつける印象的な植物です。アニスヒソップはシソ科の植物で北アメリカ原産の植物です。
“スイートウッドラフとアーティチョークとアニスヒソップの育て方とポイント” の続きを読む

オリスとエキナケアとニゲラの育て方とポイント

オリスはアヤメ科の植物で5月になると白い花を咲かせる植物です。エキナケアはキク科の植物で和名をムラサキバレンギクといい栽培が容易であることに加え、見た目が華やかなので人気があります。写真はエキナケアです。ニゲラは和名をクロタネソウといい青い羽のような花びらが可憐な植物です。
“オリスとエキナケアとニゲラの育て方とポイント” の続きを読む

アロエとベルガモットとヘリオトロープ育て方とポイント

アロエはユリ科の植物で、温暖な地域以外では霜に当たると枯れてしまうので、鉢植えで育てる植物です。ベルガモットは、和名をタイマツバナといい紅茶の香りづけで使われる柑橘類のベルガモットとは違う植物ですので、混同しないよう注意しましょう。ヘリオトロープは和名をキダチルリソウといい、濃く深い紫色の花をつける低木、または多年草です。
“アロエとベルガモットとヘリオトロープ育て方とポイント” の続きを読む

マートルとカウスリップとホアハウンドの育て方とポイント

マートルは和名をギンバイカといい、初夏から夏にかけて白いふわふわした長い雄しべと白い花びらが印象的な花を咲かせる木です。カウスリップは和名をキバナノクリンザクラといい、小さく黄色く花が少し下を向いて咲いている姿が愛らしい植物です。ホアハウンドは和名をニガハッカといいシソ科の植物です。
“マートルとカウスリップとホアハウンドの育て方とポイント” の続きを読む

アンゼリカとアカンサスとカレープラントの育て方とポイント

アンゼリカは、ヨーロッパ原産のセリ科の植物で姿がセロリに似ているハーブです。アカンサスは栽培が容易な植物ですが、それなりに大きく育つため植える場所を考えてから挑戦しましょう。カレープラントはキク科の植物で原産はヨーロッパ南部の常緑性の低木です。
“アンゼリカとアカンサスとカレープラントの育て方とポイント” の続きを読む

ローズとマーレインとフラックスの育て方とポイント

ローズは和名をバラといい、花や実を古くから香料やお茶として使ってきた歴史があります。マーレインは、和名をビロードモウズイカと呼ばれ、明治時代に日本に持ち込まれた植物です。フラックスは、別名をヌメゴマ、アカゴマ、アマといい古代から繊維や油をとるために栽培されてきた植物です。
“ローズとマーレインとフラックスの育て方とポイント” の続きを読む

エレンカンペーンとオリーブとサフラワー育て方とポイント

エレンカンペーンはキク科の植物で和名をオオグルマといい根を薬用として使われます。オリーブはモクセイ科の植物で、実からは油がとれます。サフラワーは和名をベニバナ、また源氏物語で有名な末摘花の別名を持っている植物です。
“エレンカンペーンとオリーブとサフラワー育て方とポイント” の続きを読む