バーベインとソレルとクローブピンクの育て方とポイント

バーベインは和名をクマツヅラといい細く長く伸びた枝葉が印象的な植物です。ソレルはタデ科の植物で和名をスイバといい全草にシュウ酸を含むため、食べるとすっぱい植物です。クローブピンクはナデシコ科の植物で和名をオランダセキチクといい名前の通りピンク色の愛らしい花を咲かせます。
“バーベインとソレルとクローブピンクの育て方とポイント” の続きを読む

ローンデイジーとローゼルとサザンウッドの育て方とポイント

ローンデイジーはキク科の植物で和名をヒナギクと言います。ローゼルはアオイ科の植物で、オクラの花に似た白い花を咲かせる植物です。サザンウッドは、和名をキダチヨモギといい、葉や枝は防虫効果の成分を含んだ香りを放ちます。
“ローンデイジーとローゼルとサザンウッドの育て方とポイント” の続きを読む

ホップとドクダミとナスタチウムの育て方とポイント

ホップはビールの原料として知られており、ホップの雌株の雌花にできるルプロンと呼ばれる顆粒がビールに苦味と芳香を与えます。ドクダミは日本ではポピュラーなハーブで、初夏から夏にかけて濃い緑の葉に白い花をつけ、独特の芳香を漂わせているのを一度は見たことがあるのではないでしょうか?ナスタチウムは夏に色鮮やかな黄色やオレンジ色の花をつける南米の高地が原産の植物です。
“ホップとドクダミとナスタチウムの育て方とポイント” の続きを読む

ヒマワリとローズマリーとビューグルの育て方とポイント

ヒマワリは夏を彩る花で、キク科の一年草です。ローズマリーは和名をマンネンロウと言い、シソ科の低木で日なたで、乾燥した土地を好みます。ビューグルは和名をセイヨウジュウニヒトエといい紫色の葉が印象的な植物です。
“ヒマワリとローズマリーとビューグルの育て方とポイント” の続きを読む

フィーバーフューとヤロウとフォックスグローブの育て方とポイント

フィーバーフューは和名をナツシロギクといい春から夏にかけて白く愛らしい花を咲かせるキク科の植物です。ヤロウはキク科の植物で和名をセイヨウノコギリソウと言います。白い小さな花が、密集して咲く愛らしい植物です。フォックスグローブは和名をキツネノテブクロ、別名をジギタリスといい有毒植物ではありますが、花姿の美しさから現在でも人気がある植物です。
“フィーバーフューとヤロウとフォックスグローブの育て方とポイント” の続きを読む

リコリスとラベンダーとユーカリの育て方とポイント

リコリスはマメ科の植物で、和名をカンゾウ(甘草)と言い根や根茎をお茶にすることができます。ヒガンバナの別名もリコリスと言いますが、こちらは有毒植物なので混同しないように注意しましょう。ラベンダーはシソ科の植物で、日なたで乾燥し水はけの良い場所を好む低木です。ユーカリはフトモモ科の植物で、育てると全高50mにも成長する常緑樹です。
“リコリスとラベンダーとユーカリの育て方とポイント” の続きを読む

ミョウガとガーリックの育て方とポイント

ミョウガは日本が原産の野菜で、生育場所は半日陰で水はけの良い場所で育つ多年草です。ガーリックは和名をニンニクと言い、中央アジアが原産であると言われ、古くはエジプトやギリシャでも栽培がされていました。
“ミョウガとガーリックの育て方とポイント” の続きを読む

ジンジャーとシソの育て方とポイント

ジンジャーは和名をショウガと言い、熱帯アジアが原産であると考えられている野菜ですが、現在でも野生種が見つかっていない珍しい植物です。シソは、シソ科の植物で原産は中国になります。日本では縄文時代の遺跡から種が出土するなど、古くから栽培されている野菜です。
“ジンジャーとシソの育て方とポイント” の続きを読む

ターメリックとトウガラシとクレソンの育て方とポイント

ターメリックは和名をウコンと言い、熱帯アジアが原産であると言われ、日本には江戸時代に持ち込まれた植物です。トウガラシは、ナス科の植物でキャベツなどのアブラナ科の野菜と混植することにより、アオムシやハダニ類を防除し生育を助ける効果が確認されています。クレソンは、日本には明治時代に持ち込まれましたが繁殖能力が高く水辺などで自生しているのを見かけますが、畑に植えて育てることもできる野菜です。
“ターメリックとトウガラシとクレソンの育て方とポイント” の続きを読む

アシタバとバジルとルーの育て方とポイント

アシタバは、関東や伊豆半島南部などの海岸沿いに自生する野菜です。栽培は容易ですが、やや耐暑性に劣るため夏場は日よけが必要です。バジルはシソ科の植物で、和名をメボウキと言いイタリア料理には欠かせない植物です。ルーは、ミカン科の常緑の低木で6~7月の開花期には黄色い花を咲かせます。
“アシタバとバジルとルーの育て方とポイント” の続きを読む