ラムズイヤーとメドースイートの育て方とポイント

ラムズイヤーは、日本ではワタチョロギと呼ばれるシソ科の多年草です。花や葉は、ドライフラワーやポプリとして使います。メドースイートは、和名をセイヨウナツユキソウと言い乾燥させた花と根はお茶になります。
“ラムズイヤーとメドースイートの育て方とポイント” の続きを読む

マロウとレモンバームの育て方とポイント

マロウは日本ではウスベニアオイと呼ばれ、古くから栽培されてきた歴史があります。アオイ科の植物で耐寒性が高く、丈夫なので初心者の方にとっても育てやすい植物です。採取した花を乾燥させてお茶にすると、綺麗な青いお茶になり、レモン果汁を入れるとピンク色に変化します。レモンバームは、メリッサまたはセイヨウヤマハッカとも言われアロマオイルの原材料として馴染みのある植物です。
“マロウとレモンバームの育て方とポイント” の続きを読む

カモミールの育て方とポイント

日本ではカミツレと呼ばれ、古くから薬用植物として栽培されてきた歴史があります。また、カモミールはフランス語読み、カモマイルは英語読みで両方とも同じ植物をさしています。
“カモミールの育て方とポイント” の続きを読む

アイ(タデアイ)とアルカネットとウォードの育て方とポイント

アイは、和名をタデアイと言いタデ科の植物です。アイは古くから藍染の原料として栽培されてきました。アルカネットは、ヨーロッパ南西部原産の多年草で根を染料として使われてきた歴史があります。ウォードも古くからヨーロッパで藍色の染料として使われてきたハーブです。
“アイ(タデアイ)とアルカネットとウォードの育て方とポイント” の続きを読む

ハーブのローズマリーとヤロウを使ってクリスマスリースを手作りしよう!

ハーブのローズマリーとヤロウを育てて、世界に一つだけのオリジナルクリスマスリースを作ってみませんか?ここではローズマリーとヤロウの育て方と簡単なリース作りについて紹介しています。
“ハーブのローズマリーとヤロウを使ってクリスマスリースを手作りしよう!” の続きを読む

エゴマとクミンとアニスの育て方とポイント

エゴマはシソ科の植物で、韓国料理ではなじみのあるハーブです。涼しい場所を好む植物ですので、夏場は日陰になる場所に育てましょう。クミンの種は、インド料理などでスパイスとして使われてきたハーブです。日当たりが良く水はけのいい場所で育てましょう。アニスは、クミンと同じセリ科の植物ですが、実だけ使うクミンと違い、花・葉・種と全てを使うことができる全草です。
“エゴマとクミンとアニスの育て方とポイント” の続きを読む

クリムソンクローバーとコーンフラワー(矢車草)の育て方とポイント

クリムソンクローバーは、和名をベニバナツメクサと言いマメ科の植物です。コーンフラワーは、別名を矢車草あるいはヤグルマギクと言います。収穫した花は乾燥させても色あせないことから、押し花などに利用されます。
“クリムソンクローバーとコーンフラワー(矢車草)の育て方とポイント” の続きを読む

ミントの育て方とポイント

ミントはシソ科の植物で、日本では薄荷(ハッカ)として名前を知られています。一般的な品種は、ペパーミントで仲間にスペアミント、アップルミント食用には向きませんがペニーロイヤルミントなどがあります。
“ミントの育て方とポイント” の続きを読む