夜明け前と島崎藤村の足取り1

ほるぷ出版の「夜明け前四 島崎藤村」に掲載されている三好行雄氏による解説は、「夜明け前」の解説と共に島崎藤村に対する深い研究が光っている内容です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。「夜明け前」及び島崎藤村への理解の一助となれば幸いです。
“夜明け前と島崎藤村の足取り1” の続きを読む

現代から見た織田作之助3

現代から見た織田作之助1の続きになります。小学館が出版した「昭和文学全集13 織田作之助 武田麟太郎 阿部知二 尾崎士郎 火野葦平 中山義秀」には、石崎等氏による「織田作之助・人と作品」という解説が掲載されています。この本が出版された昭和64年(1989年)の視点に基づいての織田作之助の作品に対する考察がなされているため、現代の我々にとっても織田作之助の作品全般から彼の辿った道までがわかりやすく、理解しやすい解説となっております。以下、『』内の文章は左記の解説の引用となります。織田作之助と彼の作品の理解と研究の一助になれば幸いです。また、この連載も今回で最後となります。ここまで読んで下さり、誠にありがとうございました!
“現代から見た織田作之助3” の続きを読む

現代から見た織田作之助2

現代から見た織田作之助1の続きになります。小学館が出版した「昭和文学全集13 織田作之助 武田麟太郎 阿部知二 尾崎士郎 火野葦平 中山義秀」には、石崎等氏による「織田作之助・人と作品」という解説が掲載されています。この本が出版された昭和64年(1989年)の視点に基づいての織田作之助の作品に対する考察がなされているため、現代の我々にとっても織田作之助の作品全般から彼の辿った道までがわかりやすく、理解しやすい解説となっております。以下、『』内の文章は左記の解説の引用となります。織田作之助と彼の作品の理解と研究の一助になれば幸いです。
“現代から見た織田作之助2” の続きを読む

現代から見た織田作之助1

小学館が出版した「昭和文学全集13 織田作之助 武田麟太郎 阿部知二 尾崎士郎 火野葦平 中山義秀」には、石崎等氏による「織田作之助・人と作品」という解説が掲載されています。この本が出版された昭和64年(1989年)の視点に基づいての織田作之助の作品に対する考察がなされているため、現代の我々にとっても織田作之助の作品全般から彼の辿った道までがわかりやすく、理解しやすい解説となっております。以下、『』内の文章は左記の解説の引用となります。また、この解説を読む前に、宇野浩二が語る織田作之助シリーズをご一読されてからだと、より理解が深まります。織田作之助と彼の作品の理解と研究の一助になれば幸いです。
“現代から見た織田作之助1” の続きを読む

宇野浩二が語る織田作之助5

宇野浩二が語る織田作之助4の続きです。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。今回で、この語りも最後になります。おつき合い下さった方々、ありがとうございました!
“宇野浩二が語る織田作之助5” の続きを読む

宇野浩二が語る織田作之助4

宇野浩二が語る織田作之助3の続きです。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。今回は、織田作之助の自らに注射をしての仕事ぶりについて言及しています。
“宇野浩二が語る織田作之助4” の続きを読む

宇野浩二が語る織田作之助3

宇野浩二が語る織田作之助2の続きです。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。
“宇野浩二が語る織田作之助3” の続きを読む

宇野浩二が語る織田作之助2

宇野浩二が語る織田作之助1の続きです。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。今回は、宇野浩二が織田作之助に会ったときの思い出も書かれています。
“宇野浩二が語る織田作之助2” の続きを読む

宇野浩二が語る織田作之助1

筑摩書房が出版した「現代日本文学全集81 永井龍男 井上友一郎 織田作之助 井上靖 集」に掲載されている、宇野浩二が織田作之助に寄せた解説「哀傷と孤独の文学 織田作之助の作品」は、織田作之助の人生と作品に対する深い愛情が差し伸べられた解説です。ここでは、左記の解説を現代語訳した上で、全文掲載しております。
“宇野浩二が語る織田作之助1” の続きを読む

横光利一年譜

清水書院が出版した「横光利一 人と作品」に掲載されていた年譜には横光の年齢と共に、当時の文壇の様子や世界情勢が掲載されているため、彼の人生をわかりやすく理解することができます。以下の情報は、左記の年譜を元に作成し直したものです。その年ごとにあった出来事を文壇史は★、日本及び世界史は☆で付記しております。
“横光利一年譜” の続きを読む