横光利一のことば

清水書院が出版した「横光利一 人と作品」には、横光の人生にそって彼が書いた随筆や作品に対する思いが綴られた文章を掲載しています。ここでは、左記の本から横光利一のことばを引用しまとめてご紹介しております。『』内の言葉は全て引用となります。横光利一作品の理解や人生を知る一助になれば幸いです。
“横光利一のことば” の続きを読む

横光利一の作品及び人物評伝2

今回は横光利一と早稲田の学生時代からつきあいがあった、吉田一穂(よしだいっすい)と横光利一が作家としてデビューしてからつき合いのあった永井龍男のエッセイを掲載しています。吉田は、横光が学生時代から睡眠剤の多用で胃を壊していたことなどを語っています。以下、下記の『』内の文章は全て河出書房新社「文芸読本 横光利一」からの引用となります。横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“横光利一の作品及び人物評伝2” の続きを読む

横光利一の作品及び人物評伝

ゲーム「文豪とアルケミスト」で初めて横光利一について知った方も多いのでは無いでしょうか?ここでは、彼と交遊の深かった中山義秀(なかやまぎしゅう)と菊池寛の言葉をメインに紹介しております。
“横光利一の作品及び人物評伝” の続きを読む

伊藤整が横光利一について解説する6

伊藤整が横光利一について解説する5の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。長かった伊藤整による横光利一の解説も今回で最後になります。おつき合い下さった皆様、ありがとうございました!
“伊藤整が横光利一について解説する6” の続きを読む

伊藤整が横光利一について解説する5

伊藤整が横光利一について解説する4の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。解説者と作者、お互いにとってフェアな展開にしようと考えて進めているのですが、なかなか難しいものがありますね。
“伊藤整が横光利一について解説する5” の続きを読む

伊藤整が横光利一について解説する4

伊藤整が横光利一について解説する3の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“伊藤整が横光利一について解説する4” の続きを読む

横光利一の書簡と随筆集3

河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、写真が掲載されている本です。今回は横光による随筆と詩、俳句などを紹介しています。
“横光利一の書簡と随筆集3” の続きを読む

伊藤整が横光利一について解説する3

伊藤整が横光利一について解説する2の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“伊藤整が横光利一について解説する3” の続きを読む

横光利一の書簡と随筆集2

河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、写真が掲載されている本です。今回、書簡では川端康成と二番目の奥様である千代子夫人宛のお手紙などを紹介しています。
“横光利一の書簡と随筆集2” の続きを読む

伊藤整が横光利一について解説する2

伊藤整が横光利一について解説する1の続きとなります。以下、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。横光利一の研究の一助になれば幸いです。今回の引用部分では、大正期の若者の興味がどこにあったのかが書かれており、当時を知る上で貴重な内容となっています。
“伊藤整が横光利一について解説する2” の続きを読む