寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る2

寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る1の続きとなります。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集67 葉山嘉樹 小林多喜二 中野重治 集」において寺田透は「葉山嘉樹一面」という解説を寄せていますが、内容的に葉山嘉樹と横光利一との当時の文壇上における比較や対向について言及がなされています。
ここでは、『』内の文章は全て上記の解説から引用し現代語訳をした上でまとめて紹介しております。

“寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る2” の続きを読む

寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る1

葉山嘉樹(はやまよしき)は、プロレタリア文学における作家で主に、プロレタリア文学の歴史における初期に活躍した人物です。寺田透は日本の文芸評論家で立原道造と一緒に同人誌をやるなどしていましたが、絶交し戦後は東大教授として活躍するなどしました。
寺田透は、筑摩書房が出版した「現代日本文学全集67 葉山嘉樹 小林多喜二 中野重治 集」において「葉山嘉樹一面」という解説を寄せていますが、内容的に葉山嘉樹と横光利一との当時の文壇上における比較や対向について言及がなされています。
ここでは、『』内の文章は全て上記の解説から引用し現代語訳をした上でまとめて紹介しております。
“寺田透が葉山嘉樹と横光利一を語る1” の続きを読む

正宗白鳥の菊池寛論4

正宗白鳥の菊池寛論3 の続きとなります。中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「菊池寛論」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。正宗白鳥の菊池寛論も今回で最後になります。おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“正宗白鳥の菊池寛論4” の続きを読む

正宗白鳥の菊池寛論3

正宗白鳥の菊池寛論2 の続きとなります。中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「菊池寛論」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。
正宗白鳥の菊池寛論も意外なところへ話しは転がって行っております。
“正宗白鳥の菊池寛論3” の続きを読む

正宗白鳥の菊池寛論2

正宗白鳥の菊池寛論1 の続きとなります。中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「菊池寛論」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。
“正宗白鳥の菊池寛論2” の続きを読む

山本健吉による中野重治の解説に寄せて

以下、『』内の文章は全て(株)新潮社が出版した「日本文学全集16 中野重治」から「解説 山本健吉」より引用した文章になります。中野重治の研究の一助になれば幸いです。
“山本健吉による中野重治の解説に寄せて” の続きを読む

正宗白鳥の菊池寛論1

中央公論社から出版された正宗白鳥の「文壇人物評論」から「菊池寛論」の現代語訳を以下に全文掲載しております。手前勝手な現代語訳であるため、正確性に欠ける点があるかもしれません。その点につきましては、ご了承ください。
“正宗白鳥の菊池寛論1” の続きを読む

中野重治と小田切秀雄対談まとめ2

中野重治と小田切秀雄対談まとめ1の続きです。中央公論社が出版した「日本の文学 第41巻 中野重治」の付録38に掲載されている中野重治と小田切秀雄の対談を左記の付録から引用しまとめたものになります。『』内の文章は全て引用となります。中野重治の研究の一助となれば幸いです。
“中野重治と小田切秀雄対談まとめ2” の続きを読む