水上瀧太郎が語る泉鏡花2

水上瀧太郎が語る泉鏡花1の続きになります。水上瀧太郎(みなかみたきたろう)は泉鏡花を師と仰ぎ、彼が1928年(昭和3年)に書いた「鏡花世界瞥見」は、1967年に筑摩書房から出版された「現代日本文学全集9 泉鏡花 徳冨蘆花」の一巻に掲載され、それから5年後の1972年に同社から発行された「現代日本文学大系5 樋口一葉・明治女流文学・泉鏡花集」ではこの解説は現代仮名遣いに改められた上で、所載されています。今回は、現代仮名遣いに改められた左記の本稿を全文『』内にて引用しております。泉鏡花の研究の一助になれば幸いです。
“水上瀧太郎が語る泉鏡花2” の続きを読む

水上瀧太郎が語る泉鏡花1

水上瀧太郎(みなかみたきたろう)は泉鏡花を師と仰ぎ、彼が1928年(昭和3年)に書いた「鏡花世界瞥見」は、1967年に筑摩書房から出版された「現代日本文学全集9 泉鏡花 徳冨蘆花」の一巻に掲載され、それから5年後の1972年に同社から発行された「現代日本文学大系5 樋口一葉・明治女流文学・泉鏡花集」に、この解説は現代仮名遣いに改められた上で、所載されています。今回は、現代仮名遣いに改められた左記の本稿を全文『』内にて引用しております。泉鏡花の研究の一助になれば幸いです。
“水上瀧太郎が語る泉鏡花1” の続きを読む

尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで2

尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで11969年に新潮社から出版された「日本文学全集1 二葉亭四迷・尾崎紅葉・幸田露伴・樋口一葉・泉鏡花・徳冨蘆花」から吉田精一の解説を下記の『』内において引用しております。活躍した時代順に作家を解説したこの文章は、それぞれの個性や代表作が掴みやすい内容になっており、ここでは尾崎紅葉から泉鏡花までをご紹介しております。
“尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで2” の続きを読む

尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで1

1969年に新潮社から出版された「日本文学全集1 二葉亭四迷・尾崎紅葉・幸田露伴・樋口一葉・泉鏡花・徳冨蘆花」から吉田精一の解説を下記の『』内において引用しております。活躍した時代順に作家を解説したこの文章は、それぞれの個性や代表作が掴みやすい内容になっており、ここでは尾崎紅葉から泉鏡花までをご紹介しております。
“尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで1” の続きを読む

井上靖による島崎藤村の解説5

井上靖による島崎藤村の解説4からの続きになります。中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。また、この解説も本頁で最後になります。おつき合い下さった皆様、ありがとうございました!島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“井上靖による島崎藤村の解説5” の続きを読む

井上靖による島崎藤村の解説4

井上靖による島崎藤村の解説3からの続きになります。中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“井上靖による島崎藤村の解説4” の続きを読む

井上靖による島崎藤村の解説3

井上靖による島崎藤村の解説2からの続きになります。中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“井上靖による島崎藤村の解説3” の続きを読む

井上靖による島崎藤村の解説2

井上靖による島崎藤村の解説1からの続きになります。中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“井上靖による島崎藤村の解説2” の続きを読む

井上靖による島崎藤村の解説1

中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“井上靖による島崎藤村の解説1” の続きを読む

島崎藤村の主要作品における解説6

島崎藤村の主要作品における解説5の続きです。1957年に河出書房新社より出版された「日本国民文学全集 第二六巻 藤村名作集」より瀬沼茂樹先生の解説を中略を多く挟んだ上で下記の『』内にて引用及び現代語訳しております。この解説は島崎藤村の主要作品を時系列に沿って解説した内容となっており、島崎藤村の興味や思考を理解する上で大きく助けとなります。また、このコラムも今回で最後になります。おつき合い下さった皆様、ありがとうございました。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。
“島崎藤村の主要作品における解説6” の続きを読む