徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 森鴎外2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、森鴎外編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 森鴎外2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 森鴎外1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、森鴎外編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 森鴎外1” の続きを読む

葉山嘉樹が語る中野重治

葉山嘉樹はプロレタリア文学の小説家で、代表作に「セメント樽の中の手紙」、「海に生きる人々」があります。中野重治と交流があり、下記の随筆は中野依頼によって書き下ろされました。随所に彼等の微笑ましいやり取りが垣間見える内容となっております。以下、『』内の文章は、昭和51年2月10日に筑摩書房より出版された葉山嘉樹全集第五巻より「中野重治の印象批評──中野重治詩集・論議と小品──」を現代語訳したものです。葉山嘉樹と中野重治の研究の一助になれば幸いです。
“葉山嘉樹が語る中野重治” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 島崎藤村3

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 島崎藤村3” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 島崎藤村2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 島崎藤村2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声3と島崎藤村1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編と島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声3と島崎藤村1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編を下記の『』にて引用しております。この本は1943年の11月1日に出版されますが、18日に徳田秋声は亡くなります。そのため、文中では健在である秋声を鑑みての内容となっております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声1” の続きを読む