徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。徳永直は志賀直哉と小林多喜二の間に交流があったことについて、ナウカ社から1934年に出版した「新しき出発」の中で“作家を志願する人々に”の項目内で好意的に触れています。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 志賀直哉2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。この原稿を執筆した当時、徳永直は志賀直哉と小林多喜二の間に交流があったことを知っております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 志賀直哉1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。この本が出版された当時、志賀直哉は60歳、徳永直は44歳でした。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – はしがき

昭和18年(1943年)に伊藤書店より出版された徳永直(とくながすなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、まず、はしがきを下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – はしがき” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」8

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。このコラムも今回で最後になります!おつき合い下さった皆様方、本当にありがとうございました!横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」8” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」7

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。中島健蔵は、数少ない中原中也の葬式に参加した一人で、当時の事をまざまざと伝えています。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」7” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」6

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」6” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」5

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」5” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」4

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」4” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」3

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」3” の続きを読む