室生犀星が語る芥川龍之介2

今回は、芥川龍之介との小さなエピソードがドミノのように並べてある内容です。文中には、早々たる人物が登場しますが、中でも佐藤春夫氏の体を芥川龍之介が見て古備前のようないい体をもっていると評したエピソードがあり、短いながら芥川龍之介が書画骨董に詳しいことが窺えます。その他、芥川氏の師であった夏目漱石が羊羹が好きだったように、芥川氏も汁粉を褒めるものなど、読んでいて実に微笑ましい内容です。
“室生犀星が語る芥川龍之介2” の続きを読む

三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」3

2では、「閒花集〔かんかしゅう〕」の初版本がネットで見る事ができる旨を書きました。もう既に検索された方はご存じだと思いますが、表紙の色は綺麗で優しい檸檬色、そして中は繊細な紙が使われ、本全体がまるで梶井基次郎の作品そのもののようです。それでは今回で、このコラムも最後になります!おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」3” の続きを読む

三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」2

「閒花集〔かんかしゅう〕」は、非常に繊細な詩集だと1にて説明をしましたが、現在その閒花集を手に取る事はできなくても、ネット上で見ることができます!国立国会図書館デジタルコレクションへ行き、三好達治で検索をかけましょう。すると、三好氏の著作が並んで出てきます。上から二番目の間花集が閒花集です。恐らく誤って入力をされたのだと思います、題名が違いますが内容は間違いなく、閒花集なのでクリックして中身を覗いてみて下さい!表紙の色や中の紙は三好氏が流した涙が織り込んであるかのように、ひどくもろい印象を受けます。
“三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」2” の続きを読む

三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」1

1934年7月に出版された「閒花集〔かんかしゅう〕」は、非常に繊細な詩集です。和紙を薄くしたような紙に印刷された詩は、反対側に印刷された文字が透けて見えるため、大変読みにくい内容となっています。まるで、薄氷の上に言葉が印刷されているようです。恐らく、梶井基次郎を亡くし、失意に沈んだ三好達治の正に薄氷のような心を表したかのようです。薄い氷のような感情の下には、溢れんばかりの涙が見えるような内容で、実のところ三好達治は梶井基次郎を多くの人に知って貰いたいと考える一方で、この詩集だけは梶井基次郎のみに読んで欲しかったのではないでしょうか?
“三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」1” の続きを読む

三好達治の「駱駝の瘤にまたがって」より

1952年に出版された三好達治の詩集「駱駝の瘤にまたがって」より、私自身が好きな詩のみを選りすぐり、下記の『』内に現代語訳した上で紹介しております。読書の秋に三好達治の詩集を加えてみてはいかがでしょうか?
“三好達治の「駱駝の瘤にまたがって」より” の続きを読む

三好達治が梶井基次郎へ捧げた詩

ゲーム文豪とアルケミストでは、待ちに待った梶井基次郎が登場しましたね!私は、残念ながら金の栞を5枚使い、10万以上洋墨を消費しましたが、結局、梶井基次郎は来ませんでした。きっと愛らしい皆さんのところで楽しくやっているのだと思います。さて、三好達治は梶井基次郎亡き後、多くの詩を彼に捧げています。ここでは、それらの詩をまとめて紹介しております。
“三好達治が梶井基次郎へ捧げた詩” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」4

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。この小説も今回で最後になります。全4回の短編小説でしたが、いかがでしたでしょうか?機会があれば、長篇小説も入力してみたいですね。
“正宗白鳥の「塵埃」4” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」3

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。今回は、お酒の席に場面が移動したせいか、”は”を沢山入力したと思いました!理由は、読めば分るかと思います。
“正宗白鳥の「塵埃」3” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」2

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。今回は、新しい登場人物も加わって舞台も社内から社外へと移ります。小説を入力するのは、自分としては初めての事ではありますが、なんだか新聞連載をしているような楽しさがありますね。勿論、締め切りもお話しも考える必要が無いからだと思いますが!
“正宗白鳥の「塵埃」2” の続きを読む