萩原朔太郎が語る詩人と宿命論2

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「詩人と宿命論」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎がなぜ自分が宿命論者になったのか、自身の詩作に基づいて説明しており、大変興味深い内容となっております。尚、このコラムは全2回となっております。今回も、萩原朔太郎独自のこぶしが効いた内容です!
“萩原朔太郎が語る詩人と宿命論2” の続きを読む

萩原朔太郎が語る詩人と宿命論1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「詩人と宿命論」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎がなぜ自分が宿命論者になったのか、自身の詩作に基づいて説明しており、大変興味深い内容となっております。
“萩原朔太郎が語る詩人と宿命論1” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が正宗白鳥の小説よりかは随筆を深く愛していることを綴ったものとなっています。全4回に渡ったこのコラムも今回で最後になります、おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥3

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、今回は谷崎潤一郎氏に加え正宗白鳥氏について萩原朔太郎が熱く解説をしております!
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥3” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥2

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が谷崎潤一郎氏を何故、思想人として見るかという説明をしております。
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥2” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、古来より日本には確たる「思想」は基本的には無い国で、外国文学が輸入にされるに至って初めて「思想」が文壇に広まった事など、日本の文学史における「思想」の有りようについて萩原朔太郎が説明しています。
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥1” の続きを読む

萩原朔太郎の水戸小遊記2

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「水戸小遊記」と題して、室生犀星と共に水戸の高等学校へ講演旅行に行った際、見聞した当時の水戸の印象が記されています。また、全2回のこのコラム、今回はかつて交遊があった山村暮鳥を偲んでご家族を訪ねたりしています。ここでは「水戸小遊記」を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と室生犀星の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の水戸小遊記2” の続きを読む

萩原朔太郎の水戸小遊記1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「水戸小遊記」と題して、室生犀星と共に水戸の高等学校へ講演旅行に行った際、見聞した当時の水戸の印象が記されています。ここでは「水戸小遊記」を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と室生犀星の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の水戸小遊記1” の続きを読む

萩原朔太郎の人物印象記ー堀辰雄編

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「四季同人印象記」と題して、三好達治、堀辰雄、丸山薫、辻野久憲、竹村俊郎の印象が記されています。ここでは、三好達治及び堀辰雄、この二人に対する印象記を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。内容としては、萩原朔太郎は堀辰雄という人物を、中野重治に室生犀星を絡めて表現しています。萩原朔太郎と堀辰雄の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の人物印象記ー堀辰雄編” の続きを読む

萩原朔太郎の人物印象記ー三好達治編

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「四季同人印象記」と題して、三好達治、堀辰雄、丸山薫、辻野久憲、竹村俊郎の印象が記されています。ここでは、三好達治及び堀辰雄、この二人に対する印象記を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。内容としては、萩原朔太郎から見た三好達治の魂の美しさを語っており、また彼が萩原朔太郎の人生に置いて大きな変化をもたらした人物であることが窺えます。萩原朔太郎と三好達治の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の人物印象記ー三好達治編” の続きを読む