室生犀星が語る芥川龍之介5

今回は、芥川龍之介の遺稿や彼の創作の姿勢について室生犀星が熱く語っているのが印象的な内容です。また、このコラムも今回で最後になります!ここまで長くおつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“室生犀星が語る芥川龍之介5” の続きを読む

室生犀星が語る芥川龍之介4

今回は、芥川龍之介との最後の別れを振り返った内容となっています。また、この随筆集に収められている他の芥川龍之介についての随想を取り上げ、紹介しております。内容としては、室生犀星と萩原朔太郎に芥川龍之介、この3人の食事何処や交流がどんなものであったかが伺えます。
“室生犀星が語る芥川龍之介4” の続きを読む

室生犀星が語る芥川龍之介3

今回は、芥川龍之介が喋るときの定形文句や、木登りが上手であったエピソードが語られています。また、芥川氏の原稿がどんなものであったかなどが書かれており、実際に手に取らなくても目に浮かんでくるようです。他には、芥川龍之介が意外な食べ物が好きだったことが語られており、新しい発見の多い内容となっています。
“室生犀星が語る芥川龍之介3” の続きを読む