11/18雑記 坂口安吾の「教祖の文学」について

今月は仕事が何かと忙しく、中々続きをやる時間が取れないため、個人的な「教祖の文学」におけるメモも含めた雑記となっております。
“11/18雑記 坂口安吾の「教祖の文学」について” の続きを読む

9/27雑記 室生犀星から中原中也への評価

実は、室生犀星の日記には中原中也の詩に対する評価が書き残されています。室生犀星の随筆集に収録されている「浅春日記」には大変短くはありますが、中原中也の「山羊の歌」における感想が記されています。
“9/27雑記 室生犀星から中原中也への評価” の続きを読む

中原中也記念館への行き方と楽しみ方

中原中也記念館への行き方と楽しみ方をまとめたものです。記念館までの行き方に加え、中原中也の墓地までの道を説明しています。旅行をするに当たって、お時間のある方は、湯田温泉駅から電車に乗って、島根県津和野にある森鴎外の記念館とお墓に行ってみてもいいかもしれません。中原中也が生まれた山口市と森鴎外が生まれた津和野郡は隣同士であるため、比較的行き来がしやすい場所です。
“中原中也記念館への行き方と楽しみ方” の続きを読む

若園清太郎が語る坂口安吾と中原中也

1976年に(株)昭和出版から出された、若園清太郎 著「わが坂口安吾」には、坂口安吾を中心として、中原中也や安吾に関係のあった文士達の姿が、当時バルザックの研究家であり、多くの文士達と交遊のあった若園清太郎が親交を思い出しまとめた本です。以下、『』内の文章は、左記の本からの引用になります。坂口安吾と中原中也の研究の一助になれば幸いです。
“若園清太郎が語る坂口安吾と中原中也” の続きを読む

中島健蔵が語る「人間横光利一」7

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。中島健蔵は、数少ない中原中也の葬式に参加した一人で、当時の事をまざまざと伝えています。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。
“中島健蔵が語る「人間横光利一」7” の続きを読む

阿部六郎が語る中原中也15

下記の『』内の文章は昭和12年12月「文学界」にて発表された「中原中也のこと」を引用したものです。長かった阿部六郎と中原中也との交友記録は今回で最後になります。長い間おつき合い下さった皆様、大変ありがとうございました!中原中也の研究の一助になれば幸いです。
“阿部六郎が語る中原中也15” の続きを読む

阿部六郎が語る中原中也14

下記の『』内の文章は昭和19年6月「新潮」に掲載された「死の近接について」より引用したものです。内容としては、アルチュール・ラムボオの妹であり、彼の最期を看取った妹イサベルが書いた本についての言及から始まります。
“阿部六郎が語る中原中也14” の続きを読む

阿部六郎が語る中原中也13

下記の『』内の文章は昭和17年12月に出された「蜂鳥」五 岡本信二郎追悼号に掲載された「思ひ出」のちに改題され「岡本先生の思出」から引用しております。内容も、岡本信二郎先生に寄せたものとなっております。
“阿部六郎が語る中原中也13” の続きを読む

阿部六郎が語る中原中也12

阿部六郎氏が中原中也に言及している、または中原中也との思い出を書いた文章をまとめたものです。以下、『』内の文章は各書籍からの引用となります。中原中也の研究の一助になれば幸いです。
“阿部六郎が語る中原中也12” の続きを読む

阿部六郎が語る中原中也11

阿部六郎氏が中原中也に言及している、または中原中也との思い出を書いた文章をまとめたものです。小林秀雄なども登場し、かつての交流を偲ばせる内容です。以下、『』内の文章は各書籍からの引用となります。中原中也の研究の一助になれば幸いです。
“阿部六郎が語る中原中也11” の続きを読む