谷崎潤一郎の詩人のわかれ4

3からやっと北原白秋が登場し面白さが倍になってきましたね。引き続き、谷崎潤一郎の「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」に挑戦中です。楽しんで読んで頂ければ幸いです。
“谷崎潤一郎の詩人のわかれ4” の続きを読む

谷崎潤一郎の詩人のわかれ1

以前から、一度それなりに長い小説を入力したいと考えていました。正宗白鳥の「塵埃」より長い作品で、あんまり長すぎても大変であるため、今回は谷崎潤一郎の「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」に挑戦してみました。楽しんで読んで頂ければ幸いです。
“谷崎潤一郎の詩人のわかれ1” の続きを読む