萩原朔太郎の人物印象記ー堀辰雄編

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「四季同人印象記」と題して、三好達治、堀辰雄、丸山薫、辻野久憲、竹村俊郎の印象が記されています。ここでは、三好達治及び堀辰雄、この二人に対する印象記を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。内容としては、萩原朔太郎は堀辰雄という人物を、中野重治に室生犀星を絡めて表現しています。萩原朔太郎と堀辰雄の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の人物印象記ー堀辰雄編” の続きを読む

横光利一の書簡と随筆集1

河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、写真が掲載されている本です。写真では、横光が「宮沢賢治全集」の刊行を手伝った際に撮影された高村光太郎との写真や、芸術家の岡本太郎、関西講演旅行の時に一緒だった吉川英治との写真があり当時の文壇における横光の人脈の広さを感じさせます。また、書簡では菊池寛に芥川龍之介の二周忌に参加するようしきりと言われたと書かれてあるもの堀辰雄宛のもの、随筆では中原中也の葬儀に参加した時のことを書いています。
“横光利一の書簡と随筆集1” の続きを読む