徳田秋声の随筆集「灰皿」6

5では、横光利一氏の作品の感想でした。今回は、徳田氏と永井荷風氏、菊池寛氏との出会いに加え、両氏の小説家として出発を書いています。また、夏目漱石との出会いと別れも記されており、文壇的に非常に興味深い内容となっております。
“徳田秋声の随筆集「灰皿」6” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石13

正宗白鳥が語る夏目漱石12の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。このコラムも今回で最後になります。読んで下さった皆様方、ありがとうございます。そしてお疲れ様でした!!!夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石13” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石12

正宗白鳥が語る夏目漱石11の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石12” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石11

正宗白鳥が語る夏目漱石10の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石11” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石10

正宗白鳥が語る夏目漱石9の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石10” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石9

正宗白鳥が語る夏目漱石8の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石9” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石8

正宗白鳥が語る夏目漱石7の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石8” の続きを読む

正宗白鳥が語る夏目漱石7

正宗白鳥が語る夏目漱石6の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る夏目漱石7” の続きを読む