関登久也が語る宮沢賢治10

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。長かった本コラムも今回で最後になります。最後は、賢治氏がなぜ結婚しなかったのかなど理由や、レコード収集の趣味がどうして始まったのかが分る内容です。
“関登久也が語る宮沢賢治10” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治9

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。今回は、法華経で始まりいかに賢治氏が法華経を実践するにあたって、自分の性欲について心を砕いていたかが解る内容となっています。
“関登久也が語る宮沢賢治9” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治8

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。今回は、法華経が絡むとまるで人が変わったかのようになってしまう、若かりし頃の賢治氏の思い出です。
“関登久也が語る宮沢賢治8” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治7

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。今回は、賢治氏の法華経に関して深く心を寄せていたことが解るエピソードです。
“関登久也が語る宮沢賢治7” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治4

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。4は、3に引き続き関氏が賢治氏と車中で出会った時のエピソードを披露しています。賢治氏が持っていた、お茶目な一面が伝わってくる内容です。
“関登久也が語る宮沢賢治4” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治3

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。今回は、「春と修羅」の出版に当たっての苦労や車中での賢治との思い出話しを綴っています。
“関登久也が語る宮沢賢治3” の続きを読む

関登久也が語る宮沢賢治1

関登久也氏は、宮沢賢治と同郷で氏の生前を知り、尚且つ賢治氏に関する細々とした随筆を残しています。以下、『』内の文章は1941年に十字屋書店から発行された関登久也「北国小記」より宮沢賢治関係の随筆のみ、現代語訳した上、引用しております。宮沢賢治の研究の一助になれば幸いです。
“関登久也が語る宮沢賢治1” の続きを読む