11/18雑記 坂口安吾の「教祖の文学」について

今月は仕事が何かと忙しく、中々続きをやる時間が取れないため、個人的な「教祖の文学」におけるメモも含めた雑記となっております。
“11/18雑記 坂口安吾の「教祖の文学」について” の続きを読む

小林秀雄と中原中也

非常に個人的な見解における、中原中也が生前評価されなかった理由について以下に言及しております。また、この私的見解につきましては、小林秀雄と中原中也、両名の名誉毀損などを目的としたものではないことをあらかじめ明記しておきます。あくまでも、当時の時代情勢や社会規範を元に推察した上での個人的な見解になります。
“小林秀雄と中原中也” の続きを読む