泉鏡花作品解説集12

泉鏡花作品解説集11の続きになります。清水書院から1966年に出版された「泉 鏡花 人と作品」に掲載されている解説は、主立った作品が書かれた時代背景や、泉鏡花自身が作品を書くにあたっての人生の背景を仔細にまとめてある好著です。以下、『』内の文章は左記の本からの引用となります。泉鏡花の研究の一助になれば幸いです。
“泉鏡花作品解説集12” の続きを読む

尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで1

1969年に新潮社から出版された「日本文学全集1 二葉亭四迷・尾崎紅葉・幸田露伴・樋口一葉・泉鏡花・徳冨蘆花」から吉田精一の解説を下記の『』内において引用しております。活躍した時代順に作家を解説したこの文章は、それぞれの個性や代表作が掴みやすい内容になっており、ここでは尾崎紅葉から泉鏡花までをご紹介しております。
“尾崎紅葉から泉鏡花の時代まで1” の続きを読む

泉鏡花から尾崎紅葉への思い3

泉鏡花から尾崎紅葉への思い2の続きとなります。筑摩書房から出版された現代日本文学大系3「尾崎紅葉、内田魯庵、広津柳浪、齋藤緑雨 集」から泉鏡花が尾崎紅葉について解説している「我が尾崎紅葉観」を以下に全文掲載しております。
現代においては読めない、読みにくい文字についてはふりがな及び平仮名、新漢字で表記をしております。紅葉先生と同じく言葉に大変苦心された泉鏡花先生の美文の要素が減ってしまうと、お嘆きになるかもしれませんが、読めなければ意味が無いため予めご了承下さい。先生の手つかずの文を拝読されたい方は、この文学大系3をご購入されることをお勧め致します。
“泉鏡花から尾崎紅葉への思い3” の続きを読む

泉鏡花から尾崎紅葉への思い2

泉鏡花から尾崎紅葉への思い1の続きとなります。筑摩書房から出版された現代日本文学大系3「尾崎紅葉、内田魯庵、広津柳浪、齋藤緑雨 集」から泉鏡花が尾崎紅葉について解説している「我が尾崎紅葉観」を以下に全文掲載しております。
現代においては読めない、読みにくい文字についてはふりがな及び平仮名、新漢字で表記をしております。紅葉先生と同じく言葉に大変苦心された泉鏡花先生の美文の要素が減ってしまうと、お嘆きになるかもしれませんが、読めなければ意味が無いため予めご了承下さい。先生の手つかずの文を拝読されたい方は、この文学大系3をご購入されることをお勧め致します。
“泉鏡花から尾崎紅葉への思い2” の続きを読む

泉鏡花から尾崎紅葉への思い1

筑摩書房から出版された現代日本文学大系3「尾崎紅葉、内田魯庵、広津柳浪、齋藤緑雨 集」から泉鏡花が尾崎紅葉について解説している「我が尾崎紅葉観」を以下に全文掲載しております。
現代においては読めない、読みにくい文字についてはふりがな及び平仮名、新漢字で表記をしております。紅葉先生と同じく言葉に大変苦心された泉鏡花先生の美文の要素が減ってしまうと、お嘆きになるかもしれませんが、読めなければ意味が無いため予めご了承下さい。先生の手つかずの文を拝読されたい方は、この文学大系3をご購入されることをお勧め致します。
“泉鏡花から尾崎紅葉への思い1” の続きを読む

田山花袋と尾崎紅葉とその時代2

文豪を扱ったゲーム「文豪とアルケミスト」を遊び始めたのはいいものの一日30分しか遊ばないのと、全員を満遍なく育てているため、現在は全員がLv5~7です。徳田秋声だけ昨日、Lv8になりました!幸田露伴チャレンジ?は残念ながら全てのステージを突破できなかったのと、尾崎紅葉と徳田秋声の新しいお洋服は手に入れることができませんでした。昨日、チャレンジの続きをしようと思って行ったらもう行けなくなっていて。代わりに、もらい損ねていたアイテムがまだ入手できたので、とても嬉しかったです!
“田山花袋と尾崎紅葉とその時代2” の続きを読む

田山花袋と尾崎紅葉とその時代

今回も、筑摩書房で出版された現代日本文学大系3「尾崎紅葉、内田魯庵、広津柳浪、斎藤緑雨」に収録されている田山花袋が尾崎紅葉の解説のために寄せた文章「尾崎紅葉とその作物」から、尾崎紅葉を取り巻く時代や人間関係についてまとめてみました。『』内の文章は全て左記の本における引用となります。
“田山花袋と尾崎紅葉とその時代” の続きを読む

泉鏡花が語る尾崎紅葉

1月10日は新暦における尾崎紅葉の誕生日だそうで、おめでたい時節に生まれた文豪なのだと思いました。さて、当方は年末年始と忙しく、せっかく始めたゲーム「文豪とアルケミスト」にはしばらく触れることができませんでした。が、本日は無事にログインすることができたので、尾崎紅葉のお誕生日をお祝いすることができました!もう既に亡くなられた方なのに、ゲームの中では元気に活躍しているからお祝いすることができる…。何だか不思議な気持ちになりました。
“泉鏡花が語る尾崎紅葉” の続きを読む