萩原朔太郎の水戸小遊記2

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「水戸小遊記」と題して、室生犀星と共に水戸の高等学校へ講演旅行に行った際、見聞した当時の水戸の印象が記されています。また、全2回のこのコラム、今回はかつて交遊があった山村暮鳥を偲んでご家族を訪ねたりしています。ここでは「水戸小遊記」を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と室生犀星の研究の一助になれば幸いです。
“萩原朔太郎の水戸小遊記2” の続きを読む