横光利一の書簡と随筆集2

河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、写真が掲載されている本です。今回、書簡では川端康成と二番目の奥様である千代子夫人宛のお手紙などを紹介しています。
“横光利一の書簡と随筆集2” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る6

川端康成が横光利一を語る5の続きとなります。今回は、河出書房新社から出版された「文芸読本 横光利一」より『』内の文章は全て左記の本からの手前勝手な現代語訳をした上での引用となります。この本は、多くの文人が横光利一に寄せた文を集め、間に横光自身の書簡や随筆、俳句に加え写真が掲載されている本です。横光利一から川端康成へ宛の手紙も二通掲載されています。
“川端康成が横光利一を語る6” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る5

川端康成が横光利一を語る4の続きとなります。今回から、回ごとに本を代えての紹介となります。筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」から『』内の文章は左記の本から引用した上、手前勝手な現代語訳をしたものになります。旧漢字は全て新漢字にて掲載しておりますこと、ご了承ください。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“川端康成が横光利一を語る5” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る4

川端康成が横光利一を語る3の続きとなります。以下、『』内の文文章は中央公論社が出版した「日本の文学 横光利一」より川端康成が書いた「解説」から引用したものとなります。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。今回で、日本の文学からの引用を終わり、次回からは筑摩書房が出版した「現代日本文学全集65 横光利一集」に掲載されている川端康成の解説を紹介します。
“川端康成が横光利一を語る4” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る3

川端康成が横光利一を語る2の続きになります。以下、『』内の文文章は中央公論社が出版した「日本の文学 横光利一」より川端康成が書いた「解説」から引用したものとなります。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“川端康成が横光利一を語る3” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る2

川端康成が横光利一を語る1からの続きとなります。以下、『』内の文文章は中央公論社が出版した「日本の文学 横光利一」より川端康成が書いた「解説」から引用したものとなります。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“川端康成が横光利一を語る2” の続きを読む

川端康成が横光利一を語る1

昭和41年(1966年)に出版された横光利一の本には、川端康成の解説が掲載されています。
以下、『』内の文文章は中央公論社が出版した「日本の文学 横光利一」より川端康成が書いた「解説」から引用したものとなります。川端康成と横光利一の研究の一助になれば幸いです。
“川端康成が横光利一を語る1” の続きを読む

川端康成が語る徳田秋声2

川端康成が語る徳田秋声1の続きになります。川端康成は中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」に解説もどきを掲載しています。なぜ、解説もどきなのかは下記の内容を読んでいただくとして。私は、個人的にこの川端康成の解説もどきが徳田秋声に対して愛情深く滋味に溢れているため、非常に好きです。以下、『』内の文章は左記の本からの引用し内容について紹介しております。
“川端康成が語る徳田秋声2” の続きを読む

川端康成が語る徳田秋声1

川端康成は実は中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」に解説もどきを掲載しています。なぜ、解説もどきなのかは下記の内容を読んでいただくとして。私は、個人的にこの川端康成の解説もどきが徳田秋声に対して愛情深く滋味に溢れているため、非常に好きです。以下、『』内の文章は左記の本からの引用し内容について紹介しております。
“川端康成が語る徳田秋声1” の続きを読む

川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る2

川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る1の続きになります。
中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」には、付録として川端康成と徳田秋声の息子である徳田一穂の対談が収録されています。個人的に、このお二人の対談の内容が非常に興味深くて息子だから語れる点などがあり気になった部分をまとめてみました。以下、『』内の文章は左記の本からの引用となります。
“川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る2” の続きを読む