広津和郎と江藤淳が徳田秋声について語る

中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(二)」には、付録として広津和郎と江藤淳の対談が収録されています。個人的に、このお二人の対談の内容が非常に興味深く特に広津和郎の文学評論家であるから語れる秋声の姿などがあり気になった部分をまとめてみました。以下、『』内の文章は左記の本からの引用となります。
“広津和郎と江藤淳が徳田秋声について語る” の続きを読む

徳田秋声の作品と人物評伝2

今回は、正宗白鳥氏と広津柳浪の息子である広津和郎の評をメインにまとめてみました。ところで、ゲーム「文豪とアルケミスト」で自分の誕生日に萩原朔太郎が初めての金レア文豪としてやってきてくれて、とても嬉しかったです!地道にだけど大切に育てます。今、全員Lv6にしようとうろうろしております。各文豪は全員開花4まで進めました!
“徳田秋声の作品と人物評伝2” の続きを読む