徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、夏目漱石編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 夏目漱石1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 森鴎外2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、森鴎外編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 森鴎外2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 森鴎外1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、森鴎外編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 森鴎外1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 島崎藤村3

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 島崎藤村3” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 島崎藤村2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 島崎藤村2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声3と島崎藤村1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編と島崎藤村編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声3と島崎藤村1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編を下記の『』にて引用しております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 徳田秋声1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、徳田秋声編を下記の『』にて引用しております。この本は1943年の11月1日に出版されますが、18日に徳田秋声は亡くなります。そのため、文中では健在である秋声を鑑みての内容となっております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 徳田秋声1” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。徳永直は志賀直哉と小林多喜二の間に交流があったことについて、ナウカ社から1934年に出版した「新しき出発」の中で“作家を志願する人々に”の項目内で好意的に触れています。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3” の続きを読む