川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る2

川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る1の続きになります。
中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」には、付録として川端康成と徳田秋声の息子である徳田一穂の対談が収録されています。個人的に、このお二人の対談の内容が非常に興味深くて息子だから語れる点などがあり気になった部分をまとめてみました。以下、『』内の文章は左記の本からの引用となります。
“川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る2” の続きを読む

川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る1

中央公論社さんが出版された「日本の文学 徳田秋声(一)」には、付録として川端康成と徳田秋声の息子である徳田一穂の対談が収録されています。個人的に、このお二人の対談の内容が非常に興味深くて息子だから語れる点などがあり気になった部分をまとめてみました。以下、『』内の文章は左記の本からの引用となります。
“川端康成と徳田一穂が徳田秋声について語る1” の続きを読む