徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。徳永直は志賀直哉と小林多喜二の間に交流があったことについて、ナウカ社から1934年に出版した「新しき出発」の中で“作家を志願する人々に”の項目内で好意的に触れています。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉3” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 志賀直哉2

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。この原稿を執筆した当時、徳永直は志賀直哉と小林多喜二の間に交流があったことを知っております。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉2” の続きを読む

徳永直の小説勉強 – 志賀直哉1

昭和18年(1943年)に出版された徳永直(すなお)の「小説勉強」より、徳永直が学んだ小説家に対して宛てた随筆を現代語訳した上、掲載しております。ここでは、志賀直哉編を下記の『』にて引用しております。この本が出版された当時、志賀直哉は60歳、徳永直は44歳でした。徳永直の研究の一助になれば幸いです。
“徳永直の小説勉強 – 志賀直哉1” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏6

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。また、このコラムも今回で最後になります。おつき合い下さった皆様、ありがとうございました!二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏6” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏3の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏3

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏2の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏3” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏2

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏1の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏2” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏1

1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏1” の続きを読む

志賀直哉のガマカエルのみそ汁の謎を追え

順調に文豪とアルケミストで遊んでいると、志賀直哉が登場してきてびっくりしました。彼の外見がとても華やかで、一見すると宝塚の男優さんみたいだったので、最初はただひたすら驚いて、本当にこの方が志賀直哉だろうかと、受け入れるのに少し時間がかかりました。
“志賀直哉のガマカエルのみそ汁の謎を追え” の続きを読む