里見弴が語る有島武郎3

里見弴が語る有島武郎2の続きになります。1967年に中央公論社から出版された「日本の文学27 有島武郎 長与善郎」の付録に収載されている里見弴と本多秋五との対談から、有島武郎についての部分を左記の本から『』内において引用しております。このコラムも今回が最後になります。おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました。里見弴と有島武郎の研究の一助になれば幸いです。
“里見弴が語る有島武郎3” の続きを読む

里見弴が語る有島武郎2

里見弴が語る有島武郎1の続きになります。1967年に中央公論社から出版された「日本の文学27 有島武郎 長与善郎」の付録に収載されている里見弴と本多秋五との対談から、有島武郎についての部分を左記の本から『』内において引用しております。里見弴と有島武郎の研究の一助になれば幸いです。
“里見弴が語る有島武郎2” の続きを読む

里見弴が語る有島武郎1

1967年に中央公論社から出版された「日本の文学27 有島武郎 長与善郎」の付録に収載されている里見弴と本多秋五との対談から、有島武郎についての部分を左記の本から『』内において引用しております。里見弴と有島武郎の研究の一助になれば幸いです。
“里見弴が語る有島武郎1” の続きを読む