伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男2

昭和38年12月26、27日付けの「北海道新聞」に掲載された、伊藤整の「小林多喜二と本庄陸男」との思い出を以下の『』内にて引用しております。また、全2回のコラムです。北海道文学ならびに、小林と本庄の研究の一助になれば幸いです。
“伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男2” の続きを読む

伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男1

昭和38年12月26、27日付けの「北海道新聞」に掲載された、伊藤整の「小林多喜二と本庄陸男」との思い出を以下の『』内にて引用しております。伊藤整は目黒にある日本近代文学館の設立、運営に携わり、チャタレイ裁判について世間の耳目を大いに集めていましたが、北海道出身でありながら、小林多喜二を始めとする北海道文学者との交流についてはあまり着目されることがありませんでした。ここでは北海道文学ならびに、小林と本庄の研究の一助になれば幸いです。
“伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男1” の続きを読む