萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が正宗白鳥の小説よりかは随筆を深く愛していることを綴ったものとなっています。全4回に渡ったこのコラムも今回で最後になります、おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥3

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、今回は谷崎潤一郎氏に加え正宗白鳥氏について萩原朔太郎が熱く解説をしております!
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥3” の続きを読む

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥2

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が谷崎潤一郎氏を何故、思想人として見るかという説明をしております。
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥2” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」4

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。この小説も今回で最後になります。全4回の短編小説でしたが、いかがでしたでしょうか?機会があれば、長篇小説も入力してみたいですね。
“正宗白鳥の「塵埃」4” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」3

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。今回は、お酒の席に場面が移動したせいか、”は”を沢山入力したと思いました!理由は、読めば分るかと思います。
“正宗白鳥の「塵埃」3” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」2

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。今回は、新しい登場人物も加わって舞台も社内から社外へと移ります。小説を入力するのは、自分としては初めての事ではありますが、なんだか新聞連載をしているような楽しさがありますね。勿論、締め切りもお話しも考える必要が無いからだと思いますが!
“正宗白鳥の「塵埃」2” の続きを読む

正宗白鳥の「塵埃」1

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。生き生きとした編集局の描写と主人公の冷静な態度が印象的なこの小説は、収載された「白鳥傑作集」の冒頭において自身がこの「塵埃」を書いた十八歳当時から根本は殆ど変わっていないと素直に述懐しています。
“正宗白鳥の「塵埃」1” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏6

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。また、このコラムも今回で最後になります。おつき合い下さった皆様、ありがとうございました!二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏6” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏5” の続きを読む

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏3の続きです。1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。
“正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏4” の続きを読む