萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が正宗白鳥の小説よりかは随筆を深く愛していることを綴ったものとなっています。全4回に渡ったこのコラムも今回で最後になります、おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!
“萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4” の続きを読む